★★第87日目「読書はじめ」★★


新しい本棚を作り、さっそく3学期のクラス読書を始めました。
人生において身に付けておきたい技術の一つに読書があります。
本という読書の世界から、豊かな人間性や感動、学びや知識がたくさんあります。
今の私自身も、読書なくしては今の考えや実践はありません。
読書は人を成長させる促進剤であり、人生を豊かなものにしてくれる伴侶でもります。

しかし、人生の伴侶と入ったものの「文字を読む作業」はなかなか骨のおるモノ。
よほど、習慣化していない限り、または、よほど読みたい本がない限り
自然と本をとろうとはなかなかできません。
学生時代の私はまさにそうでした。

読書のコツといったらよいのでしょうか、読書の楽しさを幼いうちからしっていることって
人生の財産になるはずです。

今、この子どもたちがよい読み手に育つためにも、沢山の素晴らしい良書と出会ってほしいものです。

さて、1月の読書は、グループ読書とペア読書、そして、個人読書を併読して進めます。
グループ読書では、4人で話合いながら、2週間で1さつを読み切るペースです。
ペア読書は、ペアと自由に本を選び、自分たちふたりのペースで読み進めます。
個人読書は、これは一人でもよみたい!という本に挑戦です。

一人ではくじけてしまう読書も、同じ本を同時進行で、仲間を読み進め、語り合える体験。
それって、サイコーに文化的な生活だと思えませんか?
選書している姿や、読書に没頭している子どもたちの姿にとてもうっとりしてしまいます。
とまぁいうものの、教室の後ろでゴザに寝っ転がって読んでいる子も多くいます。
自分の好きな場所でどっぷりおもしろい本に浸かってほしいです。

★★グループ読書選書★★
以下の8冊は、蔵書の都合もあり、私からの選書で子どもたちに選択してもらいました。
窓ぎわのトットちゃん(私も小林先生に「あなたはいいこだよ」って言われて育てられたかった・・・)
あぁ、無情(名作に触れてほしい一心で)
15少年漂流記(漂流モノ、どきどきします)
チャーリーとチョコレート工場(いわずもしれたファンタジー)
大草原の小さな家(意外にも男子に人気)
テラビシアにかける橋(ちょっとはやいかな?読書力のある人へオススメしました)
冒険者たち(子どもの頃、TVでもみてました!)
デルトラクエスト(男子に大人気です)

★★ペア読書★★(読書スピードが同じくらいの友だちと)
タイムマシン(この時代にこんなSFってすごい!)
バッテリー(あさのあつこの野球名作)
不思議の国のアリス(今度、映画になりますね)
ドラゴンラージャ(わくわくファンタジー)
オズと魔法深い(子どもの頃よんだなぁ、忘れられない1冊)
チョコレートアンダーグラウンド(チョコレート禁止条例っておもしろい!)
巌窟王(シナリオがとってもハラハラして好きです)
ロビンソンクルーソー(伊集院静訳がオススメです)
ねずみ騎士のデスペローネ物語(なかなか骨のある物語)
魔女の宅急便(映画もいいけど、こっちもいい)
透明人間(文句なしにおもしろい)
ライオンと魔女(映画と合わせて読みたい本)
エラゴン(ついつい引き込まれてしまうものがたり)
海底2万マイル(これ読んで、ディズニーランドへ行きましょう)
ハリーポッター賢者の石(やはり名作は原作で)
魔法深いハウルと火の悪魔(すっとんだシナリオがユニーク)
ムーミン谷の彗星(ムーミンシリーズではこれが一番オススメです)

みなさんは、読んだ本いくつありますか?

Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/91-5c5ccbc8

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する