スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★★第75日目「全員が80点以上へのこだわり」★★


学期末が近づいています。
クラスの目標の一つに「クラス全員が80点以上とったら、盛大なパーティーをしよう」があります。
しかし、いまだに達成されていません。
ここに来て、グッと『学び合い』を深めてきた子どもたち。
最近では、テストの採点をする赤ペンに緊張感が走ります。
「いよいよ、くるか!?クラス全員80点以上!?」と

じつは、クラス平均点では、毎回のテストはゆうに80点は越えていますし、90点以上があたりまえ。
子ども同士の『学び合い』をすればするほど、個々の学習は深まっていきます。
しかし、この「全員が80点以上」というところがミソだと思います。

クラスには、良くできる子はいます。
しかし、なかなか点が伸び悩む子(テストの点に限ってですが)もいるのも事実。
平均点でクラスの目標を追ってしまうと、いつまでたっても、「なかなか点が伸び悩む子」が伸びません。
だってそうでしょう。
良くできる子が、高得点で伸び悩む子の得点をフォローしてしまい
結果として平均点が上回り、頭のいいクラスに見えてしまうからです。

こんなん、なーんのいいクラスではないと思います。
やっぱり、だれもが、一生懸命努力して、良くできる子は、さらに教えてあげることで学びを深め、
苦手な子はじっくりとわかって、「全員が」ほどよくできる(理想はとってもですが)クラスがいいです。

私たちのクラスは、そんな目的地へ向けて、日々、勉強しています。
ですから、学期末の漢字テストは緊張感が走ります。
私は、業者から購入しているテストは1度きりしかやりません。
つまり、一発勝負です。
感じ50問テストを「全員が」80点以上とるには、よほどの努力が必要です。
日々の地道な「自主学習ノート」と、「優しい先生からのプリント」を繰り返し繰り返し努力しなければ、
絶対に、たどり着けません。
ですから、子どもたちもテストに向けて、よく学び合っています。
ここ数週間では、休み時間にも
「先生、休み時間にも教えてあげていい?あと○○くんと○○ちゃんだけだから!」
と声が自然と出てくるようになってきました。
○○くんも、休み時間、自分から漢字練習に取り組んでいます。

私は、この姿が一番の「学び」だと考えています。
助け合って、支え合って、深め合っていく。
たとえテストの結果がどうだとしても・・・。
この学びのプロセスを大切にしたいといつも思います。

明日は、漢字テストの返却です。
はたして、全員合格するのだろうか?

続く。

Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/79-6869c2af

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。