スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★★第72日目「音楽の先生に大目玉それから・・・」★★


さすが自分たちで席替えをしただけ合って授業への集中力が断然と増している今日この頃。
話を聴くときはしっかりと聞き、仲間同士話し合ったり教え合ったりするときは、なかよくやっています。
たまに、羽目を外す子もいますが、「ぴしゃり」とまわりの子が注意するようになってきました。

「なかなか良い感じだなぁ。さて、音楽の勉強しっかり学んでこいよ~」
と子どもたちを教室から送り出し、私は自主学習の○付けと、給食の配膳準備を始めました。
感謝されて以来、空き時間の時は給食準備してまってあげています。
子どもも嬉しそうだし、なんといっても私も嬉しい。

され、給食準備に一段落していたとき子どもたちが帰ってきました。
「先生~聞いてよ!」
「音楽の先生に怒られたんだから!」
「『え~っ』て言ったら、『そう!やりたくないのね!もう教えない!』だって」
「シのフラットどうしよ~」

なんだかいっぺんに話しかけられましたので、
「まぁまぁ、そうあわてなすんなって」
といつもの調子でのらりくらり(この辺が子どもたちにとっては真剣に聞いてくれていないって指摘されるところです)

「ふーん、じゃぁ、さらにリコーダーの練習しているところに、難しいフラットの練習で思わず『え~』っていっちゃったんだ」
「そうそう」
「でもさぁ、『え~』って不満を言いたくなったときはさ、『ワ~オ!』って言うように約束してたじゃん。そうすりゃ、不満でもちょいとは楽しくやれるはずだったでしょ?」
「そうなんだけど、ついいっちゃたんだよね」

話を聴いていると、取り立てて悪意のある感じのある「え~」ではなさそうだったけれど、音楽の先生にしたらあまり気分の良いものではなさそう。
「そりゃー、そんなつもりなくとも、嫌な気分はするもんだよなぁ。で・・・どうすんの?」
「クラスみんなで昼休み音楽の先生に、謝りに行った方が良いと思う」
「でもさぁ、俺は関係ねぇからイヤだって言ってるやつもいるよ」
「ただ単に、昼休みに遊びたいだけでしょ」
「そうそう、え~って言って注意できなかったのは、私たちクラス全体の責任なんだからね」

子どもたちの何気ない話を聴いていると、「クラスみんなの問題」としてとらえようとしていることがとても嬉しく
つい、にやにやしてしまいました。
「先生、真面目に!」
「はいはい、ごめん、ごめん。じゃ、昼休みに緊急クラス会議をするってのはどお?」

鼻息を強めて、ある女の子が言っていました。
「いいよ、じゃ、そのときにちゃんと話し合うからね!」
ということで、昼休み、イスを輪にしてみんなで「クラス会議」が開かれました。

明日へ続く

Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/75-8fda5f31

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。