★★第67日目「そうじで磨いたみつけ玉」★★

クラスでは今、3つの玉を磨きながら掃除に励んでいます。
がまん玉(15分間、一言もしゃべらず掃除に集中する)
やさしさ玉(しゃらべらないからこそ、周りの人たちの動きを察して、親切に手伝う)
みつけ玉(いつもの仕事にさらにプラスアルファで自分から掃除を見つけ、深める)

今日は、4年2組、3組ともに学級閉鎖。
ろうかも閑散としていて、子どもたちも
「静かだねぇ」
と口々に言っています。

掃除の時間になりました。
掃除の始まりは、今日のする掃除を1分間目をつむってイメージしてからはじめます。
そこでひとこと
「今日は、2組と3組がいないから・・・」

掃除のはじめの挨拶とともに子どもたちは、2組、3組の教室へぞうきんをもって行きました。
3クラス分のろうか掃除もせっせと水拭きでがんばっています。
もちろん、自分の教室もせっせと少ない人数で黙々と取り組んでいます。
私も教室の入り口を金たわしで黙々と磨きました。

最近の掃除、本当に黙ったまま、集中してずっと続けています。
みつけ玉を磨こうと、道具箱の整理整頓、机の位置をマジックでフロアに書き足したり
工夫がたくさん見られます。
けっして今までのように、「ここやって」とは言いません。
3つの玉の話、子どもたちにしっかりと根付いているのが嬉しいです。

ずっと黙々と集中しているからこそ、掃除の反省会の時はとっても元気の良い声で
ふりかえりをしています。

今度、ビデオで様子をとってみようと密かに思っているほどです。
子どもたちがどんな顔するか楽しみです。

たった毎日の15分間
心を磨くつもりで日々鍛錬!
その差が大きくでるはず!

PB100605.jpg
PB100607.jpg
PB100606.jpg

Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/70-e0048094

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する