FC2ブログ

教室で生き物がいること

ウーパールーパーが卵を産みました。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 4470

 

今朝、教室に入ると蛙の卵みたいなにゅるにゅるしたゼリーにつつまれたタピオカみたいなのが水槽に沈んでいます。

IMG 0046


ここ数週間、色んな人と出会ったり再開する機会があり、そのたび「ウーパールーパー卵産んだ?」と何度もきかれていました笑。

そのたびに「まだですねぇ」「春がくるころでしょうかね」「そろそろ春ですね」と、オイラにとっては、もう季節の挨拶状態でした。

というかウーパールーパーみんな好きじゃん!チェックしてるじゃんって笑。いい人たちばかりです。

毎朝、教室に入ってくると挨拶と同時にウーパールーパーに声をかける子がいます。その子は本当に好きそうで、毎日せっせとウンチをとってくれてます。

「あー、はやくたまごうまないかなー。生んだらもらって、は虫類嫌いのお父さんを説得するんだ!」っていつもわくわくしています。

そんな子に卵の姿を見せてあげたいなとおもって、そのままにしていました。

すると、男子たちがいつものように「いっがっせーん!おーっす」と入ってきました。先に(みつかっちゃうかな?)と思う気や、彼らは瞬時にしたくをすませ、ボールをもってソッコー遊びにいってしまいました。

おやおや、だれも気づきません。そうかー!?もしかしてウーパーを気にしているのはオイラとその子のふたりだけだったのかも!?

そういう時にかぎって、その子は電車の遅れで遅刻気味でした。オイラはその子がどんな顔するだろう?ってこっそり楽しみにしていました。

すると、他の子たちが「卵だ卵だ!」と盛り上がりはじめました。群がっていると、その子がいよいよ教室にやってきて、「卵がうまれたよ」と教えてあげると、おもむろに顔をパンパンして

「夢かとおもっちゃった」だって。

いいねぇ。こういうの。


IMG 0068

教室に生き物がいるって、多くの子にとっては、いてもいなくてもぜんぜん関係ないのかもしれません。

でも、教室の中では目立たなかったりするけど、実はとても熱心に世話をみてくれたり。生き物が好きだったりする子にとっては、いろんなことを感じる機会となっているようです。

これまで不登校の子どもを担任してきたときだって、教室のウーパーの世話をしに登校してもらったし、オイラはいろいろ助けてもらっています。

これまでウーパーが死んじゃったときだってなんかみんなでしんみりしてお墓もつくったし。その後、墓荒らしにあって犯人をさがそうと張り込みをしたことも。犯人はネコでうめるときはちゃんと深く埋めないといけないねって。

だれかか熱心にウーパーの世話をしていると、その熱に感染して自然と仲間がふえてもいきます。ウンチひとつとるのも時限爆弾の解除みたいで楽しそう。昨年は学年の先生たちもいっしょに各教室で飼っていましたし、自然と話題はウーパーの話。

これからも、こんなふうに生き物を大切にしていける教室をいっしょにつくっていこうと思います。

学年の先生とは「バジルシードみたいだね」「いやいやタピオカでしょ」って朝から笑っています。いい職場です。その味は親ウーパーしか知りませんが。ほっとくとよく食べてますから。


IMG 0047


あともう1回ぐらいは産みそう。2周目(昨年も産んでいる)のほうが生存率がいいんだって。しばらくは水温15度であんまり水質を変えずに落ち着かせておこう。さっそくえさ用のブラインシュリンプを買いに行きました。これって当時、流行ったシーモンキーなんだって!なつかし。塩水でかえすのも楽しみ。楽しみ。

あ~、楽しかった。


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply