ウーパールーパーがたまごを産みました

うー太郎とパー太郎がつがいになって、たまごを産みました。

ウーパールーパーを教室で飼育するようになって初めてのこと。1学期に今年の子どもたちもウーパーたちの性別を確かめたところ、「たぶん、よくわからないけれど、肛門の位置によると両方ともオスらしい」と結論。でも、たまごを産みました。それってありえるの?

ウーパー好きのオイラの親父にきいてみると、どうも都合よく性別が変わるらしい。へー。ほんとおもしろい。でも、交尾して散乱するなんて、ずっと育ててきたけれどはじめてのこと。
たしかに、お腹が大きかったので、たまごをもっているか、病気なのかちょっと心配していたところ。

連休明けの朝、教室にいってみると子どもたちが「イガせん、なんかウーパーのたまごみたいなのがある」って。水草にカエルのたまごみたいなのが、ねばりついていました。いっしょにいれとくと、ウーパーたちが食べてしまうので、さっそく救出作業。ぬるぬるして気持ち悪い。さわりたい!おすなって!つぶすな!と教室はパニック状態。授業もへったくれもありませんでした(笑)。

どうも1回に200こ〜500こくらい産むらしい。すでにウーパーを飼っている学年の先生たちにもわけて、しばらくみんなで観察することに。今日で3日目。すでに稚魚っぽいかんじになってきていて、子どもたちは「もうおおきくなった!」って、休み時間になるたびに水槽に顔をくっつけて、のぞいています。

もちろん、自学ノートのわくわくメニューはウーパールーパー祭り。おかげで、オイラもくわしくなりました。なによりも、家にもって帰って飼いたい子どもたちが続出。お家の人を説得しているみたい。いいチャンスなので、家の人をせっとくするプレゼン練習もできるかもしれません。これこそ、PBL(problemのほうね)が可能!?

しばらくは、ウーパーたちの動向が気になるところです。
ウーパーたちはなかなか頑丈です。子どもたちも素手でにぎったりしてるときも。教室で飼うにはおすすめです。よかったら、ゆずりまーす。

あー、楽しかった。

201802151955598e3.jpeg
201802151956006d2.jpeg

Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/593-d4241715

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する