「半年のふりかえり手紙」面談

 

保護者の方と面談週間まっただ中。これまでは、子ども達の半年のふりかえりを発表したものを動画にして、iPadで保護者と一緒に観ていたけど、今年は「ふりかえり手紙面談」にしてみて、なんかいいかんじ。学年の他のクラスもやっていて面談のはじまりがいいかんじだそう。

半年のふりかえりを、手紙にしたためて、読者は家族!これは子ども達にとってモチベーションがあがるみたい。ふりかえりのテーマはなんにするのか、なげかけてみて、以下の3つに

「努力し続けてきたことや成長したこと」

「友だちのことやクラスのこと」

「残り半年の自分の大切なチャレンジ」

 

これを、国語の「はじめ・なか・おわり」にまとめて、作文にする。ここまで、細々と「作家の時間」(週1回)で書くことを続けていたので、子ども達は書くことに抵抗はない様子。

でもいきなりはやっぱり書けないので、動画や写真で半年を振り返り、みんなで「あんなこともあったなぁ」と笑って思い出す時間。これはとっても大事だった。案外、頑張ってたことってのも忘れてるし。

そして、A3白用紙をもって、3人でホワイトボードミーティングでインタビューをしあう。3年生ってインタビューの学習内容が国語にあるので、ここにも使えちゃう。

半年のふりかえりを話す役、質問する役、メモする役。男女混合くじ引きで3人組を決めると、「ひゅーひゅー!」「どきどきするー」とむだに盛り上がって、なんだかオモシロい笑。いい関係です。書くのが苦手な子もいても、他の子がおせっかい先生として、結構、口出し手を出し助けている。その子もまんざらでもない様子。

そして、そのメモしてあげた内容をインタビューイーにプレゼントして、いよいよ一人で書く時間へ。作家の時間のフレームをそのまま使えるので、教室は静かに集中して執筆活動。相談したい子はさそいあって、廊下のベンチで読んでもらったり、アドバイスもらったり。親に読んでもらうだけあってみんな真剣そのもの。

もらったメモと教科書の段落の使い方を参考にして、一段落毎に作文書けたら、インタビュートリオで読み合ってイガせんチェックへ。イガせんチェック、ここはまだまだ外せない鬼門ですな。イガせん、久々にてんてこまいで大忙しだったけど、オイラすごい達成感 笑。

トリオで見合うポイントとオイラの主な修正点は以下の6つ。このへんは、作文の練習に適しているので、ほんとにやってよかった。

①一文が長すぎる星人になっていないか?

②ひらがな星人になっていないか?

③句読点がなしなし星人になっていないか?

④同じことを繰り返し書いてしまう星人になっていないか?例:私の成長した点を書きます。私の成長した点は、○○で、私は成長したことを書きました成長です。

⑤そのまま題名を書く星人になっていないか? 例:エピソードは…、次の段落は…、おわりの段落は…。

⑥改行しない(段落、会話文)星人。

 

これらのポイントクリアできたらイガせんハンコをもらって、次へ。全部の段落を書き終わった子から、清書へ。辞典使うところ久々にみたぞ!って子もいて、読者がいるってほんとにいいって思った。

最後に、お手製の封筒をつくって、メッセージを書いておしまい。

全部で7時間でした。学年があがれば5時間でいけますな。

① みんなで動画や写真を見て笑って、半年の出来事を書き出す(1時間)

② トリオでインタビュー(2時間)

③ 下書き(2.5時間)ここから進度はばらばら

④ 清書(1時間)

⑤ 封筒作り(0.5時間)

 

保護者の方に廊下で待っていてもらう時に、ふりかえりの手紙を読んでいただく。その感想から面談を始めるのでとても話しやすかったなぁ。

 

今日は、手紙を読みおわると涙ぐんでいる保護者の方もいて、面談の時間がずっと笑顔でいい時間に。

子ども達の言葉は力があり!成長を自分で自己評価することも大事な力だし、チャレンジすることをちゃんと言葉にして自分の胸に持っていることも大切。折り返しの半年、またがんばれそう。

あぁ、楽しかった。


IMG 0984

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する