運動会に思うこと

 

運動会が終わった。朝の時間から1時間目までをつかって、サークル対話をした。

 

「ふりかえりたい問いはなんだろね?」って投げかけてみると、まだ休み明けでスイッチが入っていないのか、ぴんとこない様子。しばらく考えてから、ちらほらと問いがうまれてきた。その中でも、「棒引きの作戦がどうだったのかふりかえりたいな」って1人ずつ感じていたことや考えたことを聞かせてもらった。

 

普段なら、すぐに「運動会終わって、自分が努力したことや成長したこと、クラスが変わってきたこと」なんて教育的価値の高そうな問いをこっちからすぐに渡してしまうんだけれども、そこは焦らずにまずは子供たちのふりかえりたいことからはじめようと試みれた。それが結果よくって、不思議とオイラが意図していたことはかるく出てきて、はるかにいい話し合いになる可能性を感じた。

 

ある子が「棒引きで、ゴールを決めて、作戦をつくったので、数学者の時間でも同じように、作戦をちゃんとたててから問題をとこうと思う」と話してくれた。おお、学習が転移させようとする瞬間じゃないですか。いろんな体験がたまってきて、そういうのがでてくる時期になってきたのかな。にたにやして聞いてしまった。

 

個人にフォーカスが当たって、子ども達同士の関わりのことが少なかったので、「がんばっていたともだちっているかな?」と、なげかけてみた。みんなでほっこりした気分になって終わった。いま、大事にしたいことをビーイングに記録しておこう!と、書き込んでおしまい。いいじかんでした。おしゃべりのようなふりかえりがあっという間。一人一言話してもらうチャンスをもうけたのもよかった。


IMG 0585

 

 

今年の運動会、なんと奇跡的に赤団、青団、白団、すべて同じ640点。なんと同点優勝!得点発表は、「おおおお~」と会場がどよめいた。そのテント裏では、優勝カップをどのように授与するのか、あたふたもしていた。でも、みんなほっこりと幸せそうな顔して帰って行った。うん。それでいいんだとおもう。みんなが幸せになれる運動会ならなおさら。むりに、勝敗を作って、扇動する必要なんかないんだろう。

 

じゃ、勝ち負けぬきの運動会がいいかというと、そういうわけではないな。一生懸命、そこに向かうからこそ成長したり、失敗したり学ぶことが多くなる。オーナーシップ

どこにあるかってこと。主役となる子供たちにちゃんとそのコントローラーをわたしていたのか。今の公立学校ではラディカルに大きく帰ることは難しいかも知れないけれど、少しだけでも「子ども達に手渡す」ことを増やしていけば、きっと変わっていけると思うし、そこにはこだわっていたい。

 

そういう意味では、我が学年のオリジナルダンスは手前味噌ながら、とってもよかった。それは、学年の表現では、4クラスばらばらでそれそれの踊りをおどっていたから。みる人からすると、「なんだか揃ってないなぁ」って映るかも。でも、全員が最初から最後まで寸分狂わず集団行動ではない、そろわない美しさがあったはず。

 

オイラは、表現をするときは、必ず「じぶんたちのおどり」をいれてもらってきた。そういうプロセスをとおして、少しでもその表現が自分たちのものになってくると思っていたから。そして、そうなった。でも、じぶんたちでかんがえるっておもっていたほど簡単ではなくて。そういう悩みながらも練習しつづけるこの4週間は貴重だったかな。ほんと、学年の先生達とは夜な夜な打ち合わせ、楽しくも形成的評価をどういかすかのよい学びともなった。

 

応援団も今年関わらせてもらうことができた。どの団にも、子どもたちからアイデアをだそうと話し合ってみた。時間のない中で、しかもあれこれ準備や指導の大変な応援団。「例年通り!」でもなんら文句も言われないけれども、やるならやっぱり子どもたちのもつオーナーシップをひきだしたい。そんな願いで、各団取り組み、それぞれお笑いあり、なぞのバナナダンスありと意欲的。

 

任されて、決めたり失敗できるチャンスががあると、その学びはきっと自分のものとなるはず。運動の不得意な子にとって選択肢のない運動会。だからこそ、せめて、子どもたちの思いや試行錯誤できるスペースを用意してあげたい。美しくスピーディーにまとめようとする衝動をぐっと教師はがまんし、多少、上手くいかないこともご愛嬌。子どもたちにまかせられるリスクをとれる教師でありたいなぁ。

 

ほんとうに任せることは、いつでもフォローできる自信があるからかな。だからこそ、教える教材への深い洞察とその専門性を手放す気風の良さが必要。そして、最後までフォローし続けられる(形成的な評価)技術。ついついでてきてしまう先生のスター性、カリスマ性をごくんと飲み込んで、子ども達の試行錯誤にこそ学びが生まれると思えるか。子ども同士の関係性に頼った、ただのほったらかしでもだめで。

 

 

IMG 0610 2

 

ま、運動会、無事おわれてほんと幸せでした。サークル対話で手垢まみれのムーミンもいつのまにか洗濯されて、窓際にほされているのをみて、あぁ、日常が戻ってきたなって思う。

Comment

| | 2017.10.10 16:07
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する