「シアワセのバケツ」プロジェクトでシアワセ体験から

シアワセってなんだろう?って話し合っているところ。ある子が「お母さんをひとりじめできること」って、少し恥ずかしそうに話してくれた。その子は、一見背も高く幼くは決して見えない子。こういうの聞くと、その子の気持ちにふれられる、そんな話し合いにいっしょにいられて、シアワセな気分になってしまうよ。 本校では、今月、全校でなかよしキャンペーンに取り組んでいる。とりくみは、各クラスさまざま。オイラのクラスは「シアワセのバケツプロジェクト」に決定した。

もとはというと、英語の時間に「英語の絵本」をほそぼそと読み聞かせを続けてきた一冊に「しあわせのバケツ」があった。この本は、英語と日本語訳、その両方をあわせてのっているので、おすすめ。この本が、子ども達の中に、とくに残ったようで、自学ノートにもそのバケツのデザインを描いてきたりもしていた。 シアワセのバケツって?簡単にいうと、みんなシアワセのバケツをもっている。いやなことされると、バケツの中のシアワセをもってかれちゃう。だれかに優しくするとその人のシアワセをバケツにみたすことができる。でも、不思議なことに、自分のシアワセも満たされるって話。

そのなかでも、次のフレーズを英語の先生がいたく気に入ってくれ、板書までしてくれ、子ども達に話もしれくれた。

“You need other people to fill their buckets. Other people need you to fill your buckets.

(あなたのバケツをみたすためにも、あなたにはいろんな人が必要なの。あなたのバケツを幸せで満たすためにも、他の人もまた、あなたが必要なんだよ)”

いいよねー。

そこで、誰かのバケツを満たすために、できることは?と話し合うと

・あいさつをする・笑顔になる・感謝を伝える・相手を見る・いいところを伝える・いっしょに遊ぶ・さそう・あく手する・~してあげる・いじわるをやめる

などが挙がり、早速取り組み始めてみた。

でも、めあてをもって取り組んでてもね、なんか違うなってひっかかっていた。こういうのって、「なぜやるのかがわかるからやる」「やる価値をインプットしてからはじめる」では、ないんだよね。そして、目標→実行→ふりかえりって直線でもない。理屈で説得されたり、~するといいからやるってところからではなくてさ。

どこか、こう心のそこからやってみたいなぁって思えるから、はじめてみる。お返ししたいなあって思えるからやってみる。そうなってほしい。それにはなにが必要なんだろうって?しばらく考えいたら、ああ、あったあった。ワークショップの出版・共有がその装置になっていたじゃないかって。

つまり、だれかからの温かいフィードバックをもらうことで、お返しにしてあげたくなる気持ちが育ってくるってこと。たくさんのシアワセをもらった子は、シアワセを周りに返していこうとする子に育っていく。そのとおりだよね。

ということで、さっそく、感謝のカードを集めることに。これまでにしてもらったシアワセがたまったお礼を伝えようって。依然、ゴリも同じようなことをやっていたよね。水玉にメッセージをかいて。

オイラは、朝のサークルで、毎日数枚のカードを読んでみんなに紹介し、みんなでほっこりしてから、朝のスタートを迎える。読み終わったカードはバケツにためていくって仕組み。カードは一日の最後に、ふりかえって書く時間をとってみる。

もちろん、オイラも数人からもらい、シアワセいっぱい(笑)。けっして、催促しているわけではないのですから。

バケツにしあわせがたまる減る、って子ども達にとって、とてもわかりやすいメタファー。キャンペーン中はしばらく続けていこうと思う。

IMG 3435

ちなみに、バケツはある子がデザインをかんがえてきてくれた、「シアワセのドラえもんバケツ」です。係活動でつくってくれましたよ。ポイントは首輪のビー玉をくっつけたところ。のりだとすぐとれちゃうから、ボンドだってさ。

</span></span>

Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/542-7f9a310d

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する