スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満を持しての自学ノートスタート!


こないだの土曜日。学校公開日で2時間ぶち抜きの「自主学習ノートの作り方」をやってみた。

例年では、4月の1週目に授業参観で「自学ノートのをやる価値共有」をやっていたけど、今年は「むりしない」をすることにして、一月まってみた。ふりかえってみると、慌ただしい中で突き進んでやってこなくてよかったなと思った理由がいくつかあるなぁ。

・学年の先生達もいっしょにやりたいって言ってくれてたのもあり、学年のペースにもあわせることもできた。同じ時間に、同じ資料をつかってたので、それぞれの教室では「3年生は何分めやすに自学やるの?」「35分♪」とふりむきざまに苦笑をさそったにちがいないな。

・この1ヶ月はいわゆるずっと「宿題」を出していた。読書マラソン1000分カード、イガぷり(あまた使う算数良問ね)、算数ふりかえりプリント、辞書引きプリント、漢字ドリル、計算ドリル、漢字小テスト練習などなど。実はこれがじわわんときいてきて、これからの自学メニューの材料になる種まきとなっていた。

・5月の学校公開日は「引き渡し訓練」も兼ねているので、家族の参加率が高い!ということは、いろんな人からのフィードバックをもらえるチャンス!子ども達だけで無く、参観と引き渡し訓練にきてくれていた保護者のみさなんにもギャラリーウォークに参加してもらった。子ども達は「うおおおお!こんなにコメントもらっちゃったよ」と嬉しそうだったよ。

・なによりも、年度の最初にイキッて最初にパフォーマンスするよりも、じっくりとオイラの気持ちのペースと子ども達のペースに合わせ、スタートをきりたかった。名前と顔も一致して呼んであげたかったし。結果、3年生ということもあり、それがよかったなぁ。この一月で、お互いのことをいろいろわかるので、支援することがけっこう個別にみえるようになってきた。

授業の中で、子ども達はなぜ勉強するのか?という問いに、「将来困らないため」と発言していた。きっと、そう言われてきたんだろうなと思う。でもね、将来困るかどうかは、将来そのときにならないとわからないじゃん。その中でも、「勉強って楽しい!」って言ってくれた子がいたのが嬉しい。オイラたちは、べつに、老後のためにむかって学習したり、働いたり、生きたりしているわけじゃない。刹那的では無いけれど、子ども達には、今をちゃんと楽しんで生きてほしい。それは、学校にいるときもそうだし、自学をしているときだって、そう思う。

今日、家庭訪問で、「自学っていいですね」って嬉しい言葉をもらった。もちろん、自学ノートにはまる子もいるし、はまらない子もいる。そういう子達への関わりかたって、とっても難しくも学びが多い。その話はまたこんど。

そうそう。今月の教育技術は自学ノートの特集をくんでもらいました。
丁寧に取材にきてくださり、子ども達の自学対談ももりあがりました。
自学ノートのビフォーアフターもおもしろい!?
機会がありましたら、ご一読ください。



Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/536-7d21a40d

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。