1冊の絵本づくりで世界とつながる英語の時間 

 

イタリア在住のペドロくん(小1)のために、クラスでは英語の絵本をつくりました。その名も『チャーキーくん日本旅行』!

Scannable の文書 8  H29 03 13 8 53 11


あらすじは、日本へ家族旅行にやってくるチャーキーくん。文化の違いで靴のまま旅館にあがってしまったりと、ドタバタ苦労。最後は夢落ちで、「おきなさーい、これから日本に行きますよー」ってお話。いい話だよね。

 

絵本のシナリオは、「作家の時間」でクラスの子たち男女3人が作ってくれました。それを、10分割して、各グループでイラスト・翻訳することに!

Scannable の文書  H29 03 13 8 53 11

 

ペドロ君は、オイラの友人キャロラインの生徒。「作家の時間(イタリアの学校ではライターズ・ワークショップと呼ばれているそうな)」で作ったペドロくんの「恐竜の話」を、以前、オイラは英語の時間にクラスで読み聞かせをしました。

ペドロ君は、当時幼稚園。4年生にもわかりやすい英語で、子供たちにとってはびっくりな生きた英語にふれる体験でした。そして、お礼に、ふせんフィードバック。もちろん、日本語じゃ通じないので、一文を英語に翻訳して。

さらにお礼として、ぼくたちの作家の時間の作品を翻訳しようプロジェクトが生まれました。結局、ずっとひきずりながら学期をまたいでようやく完成。

今回で2回目の翻訳活動だったけど、これがなかなかてこづりましたな。コンピュータルームでweblio翻訳を使ったんだけど、これがまだ子供たちには使いづらい!英語の先生、じゅんこ先生の協力なお助けをもらいながら、なんとか、進められました。まだ、ひとりじゃ無理でしたな。

子供たちの翻訳活動、やってみて色々わかってきたこと。日本語には主語がない!だから、英語に訳しにくい!さらに、一文が長いので、翻訳がちんぷんかんになってしまう!

日本語特有の文化と翻訳エンジンの機能の限界を、ていねいにじゅんこ先生にサポートしてもらいながら、ようやく完成!あざっす。

まぁ、完成した絵本を読み聞かせをしてみたら、単語で分かれていないので、すげえ読みにくくて、子供たちから怒られる苦笑。しつこく、英単語は分けて書きましょう!っていったのに…。まぁ、最初はそういうもんでしょうな。じゅんこ先生が子供たちといっしょに、品詞ごとに色塗りをしてくれたおかげで、読みやすくなりました。あざっす。

そんなこんなで、翻訳作業に2回かかり、ようやく完成!うれしいねぇ。絵本の装丁で、画用紙のくりもまたいい。

ここ数年、英語活動の時間に願うこと。

それは、英語が自分の生活や人生に、子供たちが身近に感じる文脈があること。オイラたち日本人は島国。英語を学んでもなかなか使う場面がない!?でもね、英語の楽しさって、違う人と文化と交流するパスポートみたいなもの。学期に1回のAETだけでは、ちょっとものたりないんだよ。

子供たちにとって、学んでいるアルファベットやあいさつ、いくつかのセンテンスが、じつは、外国人がふつーに使っている!っていう事実を肌で感じてほしい。そこの「実感」が欠けてしまい、バランスが欠けているかと思う。

どうして英語を学ぶのか、その学ぶ意味を見つけてほしい。子供たちに学びの地図がみえていることって、やる気がでるじゃありませんか。それこそ、オーセンティックな学びなんじゃない?

このことは、折に触れ、じゅんこ先生とは何度も話をしてきたからこそ、できた取り組みだったよね。

 

さて、すでにペドロ君は小1(向こうの学校は9月で変わるからね)。PDFにしてメールを送ってみたところ、喜んでくれている様子。フィードバックは動画でもらえそう。これなら、時差も関係ない。

こうやって、毎年1冊ずつ、英語の絵本をつくっていく活動をつづけていきたいな。自分の作品の行き先に、海外があるって感じるている子供たちは、いいぞいいぞ。

今、いる教室は、世界とつながっているんだよ。ほんと。

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する