スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2.5者面談で半年のふりかえりを

 

うちの学校は面談がある。けれど、そこに子どもはいない。当事者のことについて話し合うのに、その当時者がいないってってイヤだな。呼べないなら、みせちゃおうぜ、ということで、動画で参加してもらうことに。この実践、5年前からすでにやっていて、子どもの思ったことをもとに面談をすすめられとてもいい感触だった。

大した手順じゃないけど、メモ程度のことを。

1 この半年あったことをひたすら出し合う。動画をみながらもいいね。そういうときに限って、動かないmac涙。そこがまたかわいいところよ。

2 イキナリ書かずに、男女ペアでひたすらインタビューしあい、A3用紙にメモ。すでに、新聞づくりでこのプロセスを積んでいるので、スムーズにすすんじゃう。インタビュー内容は3つ。「この半年で成長したこと、失敗から学んだこと」「クラスのこと」「のこり半年の課題点やチャレンジしたいこと」子どもたちと話し合って決めてみた。エピソードいれといてねって、これはオイラからの指定。

3 もらったインタビュー用紙をもとに、「作家の時間」で原稿作り。教室ではソロで真剣に書き、廊下のベンチでは足りなかった部分をインタビューしあったり、相談したり。これに2時間。

4 ペアでプレゼン準備。以前のビブリオバトルのプレゼン練習をしているので、その復習も兼ねて。発表は一人3分~5分程度←今ここ。

5 カメラを用意して(iPhone2台、iPad1台、ビデオカメラ1台、ミラーレスカメラ1台、計5台)、各グループ(8人程度)にわたして、動画を撮る練習と本番。

6 給食の時間にみんなでチェック。おおいに盛り上がる予定。データをPCに取り込んで、面談の最初に保護者の方と一緒に観る。

音楽会に向けてなかなか時間をとってあげられなさそうで、ちょっと躊躇したけど、子どもたちはすごいモチベーション。

さて、どんな動画がしあがるのかなー。

 IMG 0993

写真は全く関係なく。ただいま絶賛活動中の「落とし物フリーマーケット」らしい。おーこわ。

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。