研究授業への覚悟を

ようやっと、覚悟が決まった。校内研究でのアクティブラーニング。今年度、はじめて示すアクティブラーニングとは!?

来週の月曜日にひかえた研究授業。最後の最後まで、何を提案するか、ずっとまよっていたんだよね。たぶん、体調がちょっとおかしかったのも、それとつながっていたんじゃないかな。はははは。ナイーブなオイラ。

今ある子どもたちの最大限の力をみてもらって、子どもってすんごい!って感じてもらいたいって気持ちがおおきすぎたし。いやいやいやいや、そんな授業をしめしたところで、結局、先生方がさ、やってみよう、やってみたい、やれそうっておもえる授業を提案しないかぎり、ただのおのぼりさんじゃん。そのはざまにほんとずーっと揺れて揺れて。いやー、しんどかった笑。

ようやっと、ここでポン!と覚悟が決まった。ちゃんと、先生たちに届く形にして渡していくこと。そのためにも、ミニレッスンも、ワークタイムも、シェアリングもちゃんとする。この型をもとに、それぞれの問いを持って、それぞれの授業に向けて、のぞんでいってほしい。なんか便秘解消すっきり爽快って感じさ。

最後の最後まで、ねばってねばって、もんもんとしてみたこと。もがいたこと。渦中にいるときは、ほんとくるしかったけどさ、向き合ってみて良かった。

さて、あとは、子どもたちがなんとかしてくれるはず。子どもたちにはほんとーにチカラがあるから。

おお。緊張してきた笑。

おおっと、そのまえに、指導案をしあげなければ。

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する