親子でたのばる自主学習ノートプロジェクト目黒の打ち上げ!

夏休み限定ではじめた、プロジェクト目黒(親子で自主学習ノート)の取り組みの打ち上げが昨晩。Excellentなお母さんたち9人と。

目黒のオサレなフレンチレストランで、わっしょいわっしょい。これまでは、ずっとネットやりとりしていたメンバーだったので、お互い直に会うのは初めての人もたくさん。オイラもドキドキ。さすが母ちゃんたち。ちゃんと名前がわかるように、名前シールとネームペンまで用意してくれてた。しかも「あなたも!?」わたしも~!?」「えーわたしも!?」と。配慮が違います。自学ノート入れるようの紙袋まで。お店もなにからなにまですべてやってもらっちゃって、ほんとこの忙しい時期だけにありがたかった。

 

学校では取り組んでいないけれど、自主学習ノートを家庭で始めることができるのか?この問からはじめたプロジェクト目黒。

答えはYES。そして、みんな力を持っている。子どもも、大人も。ひょんなことから今は、お母さんたち同士のコミュニティづくりの重要性に気づいた。こういう取り組みって一人旅は苦しいし親だってみとめてもらいたいし、不安を共有できる場があるといい。

今度の提案は、ノート作りといったやり方だけでなく、親同士の学びのコミュニティをつくっていった、そんな報告ができると嬉しいな。そして、それをとっかかりに、学びをハブにして、学校がかかわる、家庭がかかわる、つながっていく(学校行事でつながるだけでなく)コミュニティを育てていけるといいなぁ。

この間、富士山に登りながらも、佐渡ヶ島でチャリンコ漕ぎながらも、ずっとフィードバックのやりとりは毎日つづけ、ページは360ページをこえちゃった。みんなちがってみんないい。やってみて、あらためてそう思う。それぞれの個性をいかして学びをいっしょにつくっていく。子どもも変わるし、大人も見方や考え方が変わる。そして一番変わったのはオイラ自身。こういう見開き2ページの成果物のノートだけではない、そこへのプロセスに価値を置いてじっくりとかかわれたメンバーの方々に感謝感謝。ほんと、チームでした。

 

結局、各々の自己紹介が1次会で半分も終らず、2次会へ笑。終電で返ってきましたとさ。

家庭のもつチカラに可能性を感じた日だったなぁ。

ここ二日間、飲みまくってたので、今日は雨の散歩で神社にお参りしにいって、ゆっくりトレーニングして、休肝日にしよう。だな。

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する