ボードゲーム芸人

昨日は、素直に、ごめんなさいって伝えてみた。すると、不思議にとても幸せな関係になれた。自分もかわれた瞬間だった。そんなことがあった日だった。

土曜授業日。1時間目、男女VS草むしり。激しい攻防末、引き分けとなる。2時間目ソーランソーラン乱舞汗だく。3時間目、算数へ…。と、待てよ。せっかくの月1回の土曜日。学校楽しまなくちゃだよ!特別支援学級担任してたときは、この日は、おやつ作ったり、楽しみがあったのに。ということで、ちょっと息抜きに算数脳を鍛えるゾイ!と、数学ゲームを。こいつらはオイラが旅先で、これまでこつこつ集めてきた数珠の傑作たち。


FullSizeRender 4

・バガチャル(ネパールのポカラで手に入れたネパリアンチェス。これすごいすき!)


FullSizeRender 2

・ヴァイキングゲーム(ヴィンランド・サガにもでてきた、あのバイキングがやっているチェス。なぜか、イギリス大英博物館にてゲット)


FullSizeRender 3

・シャタル(モンゴルの将棋。障がいのある外国人を招いての国際交流をしたときのおみやげでもらったやつ)


写真とりわすれた笑

・コナネ(溶岩をつかったオセロみたいな奴。コナ島でゲット)


FullSizeRender

・マンカラ(言わずと知れた種まきゲーム。クアラルンプールでゲット)



FullSizeRender 6・クアート(注意力が必要なちょっとイラッとする頭脳対戦ゲーム)


また写真とりわすれた…

・ナインブレイク(公民館の館長さんに教えてもらったオセロ型算数ゲーム)


FullSizeRender 5

・オニミチ(中川綾さん開発の協力ゲーム。なぜかこれだけ、コーポラティブゲーム。多様であってよし。数ミチがみつからなかった…)

 

どれも、すっごいアタマ使うし、戦略的。最近読んだ算数の本だと、こういうゲームを通して考えるチカラをぐんぐんつけるらしい。オランダに学校見学に行った時も、ブロックアワーではその日のタスクが終わった子は、ゲームしてたっけ。

ルールは説明書を自分たちで、よんですすめてみた。英語のところは手伝ってあげた。基本1対1でやるゲームだけど、なかよくペア組んで楽しんでた様子。一人だけグループにホストを残して、2クール回したけど、みんな夢中になっていた。カリカリせずに、こういう時間もいいなあって。

あと、これおもしろい!って版ゲームがあったら、教えてほしいなぁ!短い時間でできるのがポイント。すくなからず、先日のアメトークのボードゲーム芸人が影響されてるな笑。

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する