スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「何を言ったらいいのか、わかんなくなっちゃう」

なんかあったみたいで相談しにくる少年。

「ちゃんと言いたいこと、言ったほうがいいんじゃないの?」ってオイラはいったんだけど、「何を言ったらいいのか、わかんなくなっちゃう」ってさ。うーむ。その場にたたされると、アタマが真っ白になっちゃうみたい。

そういう時って、あるんだよね。でも、そこまで、素直に言葉にして、言えないよな。ちょっと、驚きと、自分のことちゃんとわかってるじゃん!すごいじゃん!って思えた瞬間。

オイラは「こういうといいよ」「こういいなさい」「先生がかわりにいってあげるぜ」とはしたくないんだな。どんな言葉でもいいから、自分なりの言葉を見つけてほしいと思う。たぶん、うまく伝わらない言葉かもしれないけれど、それでも、その子が自分で言おう、いいたいっておもえる気持ちがミソだと思ってるから。そういうの繰り返せばいいじゃんって。だから待つ。

でも、どーもこーもいかないので、笑いながら「じゃ、これからも僕のこと、どんどんぶっ叩いてください!っていうのはどうだろう?」ってきくと、「いや、それじゃぁないんだよ~笑」と。そこから、なんかいいたいことが少しずつ言葉になってきた様子。

言いたいことや、伝え方。子どもたちも苦労しているけれど、大人になったて大変だ。トラブルはついつい、蓋したり、すぐに解決に飛びつきたくなる。けど、それを通しながら、学べるリアルがあるよね。今のうち、たくさん、練習できるチャンスチャンス。

でも、そういう時に限って、時間がないときなんだよね笑。だからこそ、大事にしてあげたいそういう時間でもあるよね。


Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。