スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一歩さがったら、二歩進めた

週末が近づくに連れ「月曜の校内研修どうすっぺ!?」ともんもんとする日が続いている。5月の指導訪問でずれこんでしまったため、研修計画もやや遅れ気味。今回は、AL体験、前回の確認、2年間見通しての研究の提案と検証授業の提案、そしてALとは?と盛りだくさん。

でもね。思うようにはいかないのよね。結局、検証授業のところで、意見が割れてしまう。常日頃、多様であることの大切さを知って入るけれど、残りの時間との兼ね合いや研究の見通しを考えると、この話し合いだけにもずっと時間をかけてはられないし。ジレンマがつきまとう。

僕らの納得感をえるためにも対話をすすめるのか、それとも、運営を考えてこのまま進めちゃう?という緊迫した場に立たされる。提案しつつ、場を運営する苦しさね。

でもやっぱり、みんなの研修。みんなで研修。いまはここにいるんだと、じっくりと対話することに決断。予定してたことはすっぱりあきらめた。うん。きっぷよし笑。この感覚、授業といっしょだなぁと感じてたりもして苦笑。

マトリクス表でメリット・デメリットを出しあった。でも、そこからしんどく、今年度のゴールと照らしあわせて、グループごとに大切にしたいこと2つに合意形成。そして全体共有。最後に、民主的に多数決。多少ピリピリとした場になったけれど、デメリットをうめるためにも懸案事項もみつかり、結果に納得感がうまれた様子。プロセスってだいじだ〜ね。

最後、研修のゴールとてらしあわせて、大切にしたいことの優先事項を決める、これが機能したのは、ここ2回ともていねいに、児童像について対話を重ねてきたからだと思うんだよね。だからゴールが機能したんだろうね。対話は無駄じゃなかったんだね。

その後、職員室では、ベテランの先生が話しかけてきてくれ、「なんか変わったね」って。あはは。変わり者です。「研修が納得感のあるものになってきたよね」ってフィードバックをくれた。

一歩もどったら、二歩すすめた日。

学校が変わり始めるかなって、予感を持てた日。

Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/455-8f8ddf84

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。