スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その後の子どもたち、がんばってるんだなぁ

昨日は近隣校とのバスケットボール大会。ぼくは該当6年ではないので、審判のお手伝い。奇しくも同じ時間帯に、ウォーリアーズとキャバリアーズの決勝戦もアメリカで行われる。NBAの審判のつもりで、ミニバスで笛を懸命にふく。ファウルをとる笛にも熱がはいる。今年は審判とはケンカせずになかよくやりました苦笑。

ミニバス大会の打ち上げのこと。5年生の先生といろいろ話をしていた。つまり、昨年度、ぼくが担任していた子どもたちのことだ。唐突に「イガキチルドレン」は一味違うということをつげられた。

ぼくはそういう呼び方はやや気になってしまう。ここ数年、できるだけ担任のモーレツ温度も消してきたはずなのに。(お恥ずかしいけれど、ずっとモーレツ先生でオラオラモードでした…苦笑)ここ数年は、あえて、僕が扇動することは特に意識的に控えている。上手く言えないけど、「イガセンのおかげ!感謝カンゲキ雨嵐」より「ほんと自分はがんばったよな。イガせんもまぁまぁよくやってたよ」程度に育ってほしい。それだけに、年度末のさよならパーティーを自分たちで企画してたこと。不覚にもウッカリ感動してしまったことはやむおえなかったよね。ここ数年、そういうしんみしとしたことは、僕からはなんら提案もしていなかったので。昨年度はたまたま、そいうことを企画できる子たちだったからのこと。

よくよく話を聞いていると「子どもたちの関係性が育っている」とのこと。5年生になってからのエピソードをいろいろ話してくれた。4クラスなので、その影響は4分の1程度だと思って話を聞いていたけど、それほどでもないらしい。担任だけではなかなか届かない子へのフォローも、子どもたち同士でやっているみたい。あいつらも元気にやってんだなって、ふっと嬉しくなったよね。ぼくができる担任期間は1年だけだけど、きっと子ども同士の関係性は次の年へも渡していけるんだろうね。

ぬるふふふふふふふ。なんだか、嬉しかったので、3次会までいってしまった。アタマイタイ…笑。

Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/433-5dc96382

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。