★★学級日誌39日目★★ 「席替えと自習」


明日は先生は、1日出張です。
前日の子どもたちとの話合い。
先生「明日は先生いないから、席替えは明後日な」
子ども「えー!」「どうして!!!!?」
先生「だって、席替えしたばっかり、先生いないときなんかあったら困るでしょ?」
子どもたち「大丈夫!」「大丈夫!」「信頼して!」
かなりモチベーションが上がっています。
「よし!そういうことなら、任せよう!」ということで、席替えをすることに。

でも、席替え前の5時間目の英語。
だらだらと廊下移動や、そわそわしてしまう態度に先生から「一喝!」
「こんな様子では、心配だなぁ。みんなはどう思う?」
誰も何も言いませんでした。
「じゃ、どうするのか自分たちで決めてくれ。先生待ってるから・・・」
子どもたちにタクしてみることにしました。

子どもたちは少し考え始め、「列ごとに話し合おう」ということで、少しずつ活発な話合い。
先生がいないときは、イエローカードをだそう!いや、レッドカードだ
なんだか、横で聞いていると、とても厳しい約束事ばかり。

でも、結局は真面目に取り組み、自分たちで注意視合うことに合意し、席替えを行いました。
「じゃ、明日、頼むぞ!」
子どもたちは、任せられたのか、どこか自信満々です。

そして、今日。
教頭先生、嶋崎先生沢山の先生方に、朝職員室で、
「自習、子どもたちで本当によくやっていたよ!」
嬉しい連絡がたくさんありました。

「いいなぁいいなぁ」口々に何度もみんなでつぶやきました。
お土産に本を勝ってきたので、朝、少し読み聞かせをしました。
子どもたちは、真剣な目がいいなぁ。

自習の時こそ、本当の担任の影響力のない素の子どもたちの姿が現れます。
1学期で、随分と伸びてきてくれたなと思いました。

Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/43-3d2a09c0

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する