学習コミュニティづくり 今年の手触りは…

 

算数は5月まではクラスごとで、その後は少人数指導になる様子…。

そこまででも、クラスでの学習コミュニティづくりをせっせとやっていこう。今は、「アクティブ・ラーニング」という名で、子どもたちと『学び合い』をしています。正確には、『学び合い』と「ワークショップ」と「プロジェクトアドベンチャー」が混ざったもの。わけわからん笑!?

1学期始めなので、まずはチームワーク体験から。そこで、『学び合い』の課題作りを参考に、本時の課題をねりねりしたのち、(例えば、「一日の気温の変わり方」のグラフを2種類かいて、11時を予想し、2つのグラフを比べて省略するよさをノートに2つ以上書いて、3人に説明することができる。とか)、そのご、授業を動画で振り返り(このへんは今、研究しているMaking learning visibleがすごく役に立っているなぁ。その話はまた今度)。そこからの、個々で振り返りジャーナル。からのPAビーイングいやいや算数ビーイングづくりで、「アクティブ・ラーニングのコツ」をみんなで集めてます。あ、もちろん、授業の前には、コツの中からめあてをもってとりくんでいたりと。また、ミニレッスンをいかに短くできるか、課題はプリントにして配ってみたい。グループチャレンジから個別のチャレンジへと少しずつ、ずらしてみたり、まだまだ試行錯誤。

今のところ、いい感じ。今日はのこり7分のこして上の課題は全員ゴール。

無理はしないで、子どもたちの実態と子どもたちの気持ちを大切にしながら、学習コミュニティづくりにいっしょにはげんでおります。その年ごとのクラスの子たちがもつストーリーでいいんだよね。

この時期、ほんと楽しい!一日があっという間。

 IMG 9398

明日は、いよいよクラス目標づくりにむけてのPA「パイプライン」、これもまた楽しみ楽しみ。

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する