学年同一歩調でいきましょう!実はいいい言葉じゃない?

 

いままで、年度のはじめに言われてツライ言葉ランキングベスト3にランクインする「学年でそろえましょう」。これをきくと、ちゃりら~ちゃりらららーらー~(嘉門達夫調で)

でも、じつは、これ、なんかいい言葉なんじゃない?

だって、クラスだけじゃなくて学年で同じことができるんでしょ。またとないチャンスじゃん!っておもえるようになってきたここ数日。

自分がしがみついていたことや、ぎゅーぎゅーにぎっていたこぶしを開いてみると、ひととつながれることが生まれる。

少人数指導だって、掲示物だって、いいよ。いいよ。やろうやろう。おもしろそーじゃん。工夫すれば、学年でもっとおもしろいことだってできるはずなんさ。主張はするけど。

不思議な事に、「学年はじめの会」をやろう!ということになったし、学年3人でブッククラブもすることになったよ。オススメのSFも紹介してもらったよ。そんなのはじめて~(優太に教えてもらったホステスさしすせその「そ」)

多様性多様性と認めてもらうそのまえに、そっちの多様性にとびこんでみる。ここが多様性の入り口かも。それが今までできなかったんだよ。コダワリすぎてて。

ここ数日の自分のこころがわり。ほんと不思議だし、いいなぁって素直に思えたよ。

おやすみ。


今日は歓迎会。そのあとにスカイプミーティング。ちょっとお疲れ。

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する