★★学級日誌33日目★★ 「避難訓練で安全配慮」


総合学習では安全マップ作りに取りかかろうとしています。
今日は、そんな中、避難訓練。
いつもとちがい今回は図工の時間で、のこぎり、とんかち、きり、釘など、危険なものだらけ。
私は「今までの避難方法では危険、少し工夫を考えて行動しよう」と投げかけました。

訓練の放送が流れました。
みんな一斉に図工用の大きな机の下に頭をいれまいた。
するとある子が二人、机上ののこぎりやとんかちなど、机の真ん中にそっと寄せていました。
落ちて頭にぶつからないようにです。
これには、とても関心しました。
4年生ってすごい気づきをもっているなぁ。
静かに素早く校庭へ避難。
なんと、学校で一番最初に校庭へ並べました。

いつも子どもたちに語っています。
「命を守るのはだれ?」
「自分!」
危険予知能力を高め、安全に生活してほしいです。

Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/37-acefe503

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する