健康ガジェット部族にはやっぱ「UP3」でしょ


「Appleウォッチあるのに、いらないじゃん、あんた、また、余計なのかって」とせめられてもいいんです。
なぜなら、自分、父親ゆずりのガジェットずきなので。なけなしのお年玉ぜんぶつぎ込んで生きてきます。

Jawbone社 https://jawbone.com のUPシリーズはこれまでずっと使っていました。が!Appleウォッチを手に入れてからというものの、サヨナラ状態でした。Appleウォッチでも運動量の簡単な記録はできるんですよね。

でも、いまさら、なぜUP3? それは、Appleウォッチには無い点が便利なんですよ。




ちなみに、UP3の機能とは、

・常に手首につけて(7日間バッテリーがもちます)
・常に心拍数の計測できて(←これ新しく追加された機能、まだメリットがわからん)
・睡眠記録もとれて(ノンレム睡眠とか眠りが浅いときに起こしてくたりもしますよ。すでに専用のアプリもあるんだけれど、わざわざ枕元にiPhone持ってこなくてもよくて、もっと詳しく記録してくれます。)★これが特に便利で、ここを可視化できるのが面白いところ。
・運動量も勝手にとってくれる(より高度な万歩計)、食事や水分の記録(これはメンドーなのでつかっていません)
・ワイヤレスで勝手に同期してくれて、手首サイズは留め金がついたのでフリー。

といった機能をかねそなえています。

Appleウォッチって、ミニiPhoneとしてメールを受信したり、ニュースをみたりって同時進行で便利なんですよね。でもね、健康記録としては、アプリがまだまだ整っていないのよ。結局、Appleウォッチの健康アプリを立ち上げることはなくなっちゃうんだよね。で、健康に特化したUPに軍配があがります。

UP3は専用のアプリ「UP」と連携します。これが、またかっちょよくて便利。「カァちゃん、わかってるよ、水のめ?うるせーなー」的なリマインダーと、「え!?そんな働きあんの?」と健康トリビア、「おれ、成長したなぁ」とこれまでのぼくの記録との差異を知らせてくれます。つまり、アプリの使い勝手がだんぜんいいし、見やすいので、ついつい記録をチラチラ見なおしてしまいます。

そして、他の健康アプリのとの連携もできるので、我が家では、「ワイヤレス体重計」ともつながっています。これもまた便利。もうこれ、1年以上つかっているんだけれど、ただ乗ればいいだけで、体脂肪%まで換算してくれるので、データもiPhoneへとばしてくれるので記録いらずで、勝手に記録生活ができちゃう代物。たまに、妻がないしょでのっているデータもとんできて、ややびっくりしています。




UPはAppleウォッチとちがって、「健康デバイス」にウリしてるので、運動とか健康とか興味ある人にはもってこいはなず。そして、アクセサリーとしてつけていてても、以前の「ガテン系ゴツさ加減」がなく、スタイリッシュになっています。数あるウェアラブル端末を比べても、スマート。ちなみにぼくのUP3は「インディゴ・ツイスト」カラーです。

海外では、ワイヤレスでクレジットカード払いができる機能をもったUP4も販売されています。日本にはまだそのインフラないので、いらんでしょ。ということで、UP3、かっちょいいのでおすすめです。

誰か使っている人いないかなー?いっしょにグループ作って切磋琢磨したいなぁ。友達になりましょう。

Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/357-02169539

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する