★★学級日誌31日目★★ 「できた!」



チームワークトレーニング2回目、体育館でターザンロープのゲームに挑戦しました。
前回のふりかえりで、次につなげる目標をいくつか、子どもたちは考えました。
「落ちそうな友だちを引っ張ること」
「失敗したら、ドンマイ!次!」
今日は、その小さな行動目標をできるか、意識しながら楽しもう!
とさっそく島から島へターザンロープで渡る挑戦でした。

このロープはちょっと仕掛けがしてあって、行きのターザンロープは前の島まで渡りやすく、
でも帰りのロープは少し届かない距離にしました。
つまり、行きはうまくいく場づくりでやる気を出して、
帰りはみんなで引っ張り合わなければ助け合えない。そんな仕掛けです。

このゲームのルールは、向こう岸の「なおちゃん島」にわたった子どもたちは、
のどが渇いて死にそうな「なおちゃん」にバケツの水を飲ませます。
その「なおちゃん」はソフトビーチバレーボールです。
軽いので、隣の島に投げて渡そうとすれば、できなくはないのですが、うまくいかないと軽くて島まで届きません。
途中で一人でもおちたり、バケツの水が一滴でもこぼれたり、ボールが床におちた地点で「全員がスタート」へ戻ります。

子どもたちはよく考え、工夫しながら挑戦しました。
輪になってチームコールなどをして、いくつかのチームはすぐに渡りきりました。
喜びと記念写真。
あるチームは一人の女の子を残してみんな隣の「なおちゃん島」まで渡っています。
残ったその子は、みんなの声援を受けて必死でロープにしがみつきますが、
ロープが半分振れると、ずるずると床に足が付いてしまいます。
床に付いてしまうとちーむ全員がスタートのイガちゃん島に戻ってやり直しです。
いつもならば、「あ~・・・。」と批判的な声もありそうですが、今回の子どもたちはめあてがあります。
声を掛け合うという。

その子は責任を感じはじめ、顔が曇ってきました。
さすが、もう誰もその子を責めることはしません。
今度はその女の子が最後に残らないようににチームの一番始め、ターザンロープに挑戦する作戦をたてています。
やっぱりそれでもうまくいきません。
いつしかその子は目に涙を浮かべてしまいました。
すると、周りの子達が肩を支えてすぐに慰めてくれます。

でも、ゲームの課題はチームで渡りきることです。
私も「子どもたちはどうするかな?」と少し心配になってきました。
でも、チームはまったく諦めムードがありません。
まず、できることをやろう!ということで、男子が先に島に行き、女子が後から来る作戦。

いつの間にか他のチームは「なおちゃん島」へ行き、「いがちゃん島」までもどってきて任務完了。
成功したチームの子達はその女の子のチームの応援に回りました。
今度もその女の子は、最後の一人に取り残されています。
顔はもう、心配で今にもくずれそう。
それを勇気づけようとみんな全力で応援しています。
誰もが見守っているその瞬間。
その子は「イガちゃん島」を蹴って、ロープにしがみつきました。
向こう岸にかかる瞬間、みんなが手を伸ばしその子を抱えて、落ちないように抱きしめています。
ぎりぎりうまくいきました!
誰もが「やった!やったー!」大喜びでした。
手をつないで、ダンスして喜んでいる仲間たち。

その子は後ろを向いて腕で必死に涙をぬぐっています。
その様子をみて、懸命に頭をなでている私がいました。
目頭が熱くなって、みんなで心から喜べました。

子どもたちにとってもとても感動の体験となりました。

そして、振り返り。
今回の振り返りは以前と違いとても深いものとなってきました。
仲良く助け合うことに喜んでいる子だけではありませんでした。
実は他のチームが応援したり、教えてくれたりすることが嫌だったと話す男の子がいました。
これは、一つ殻がやぶれるかな?そんな感じがしまいしたので、道徳の時間、子どもたちとじっくり話し合いをしました。

話し合いでは、相手の気持ちを考えて言葉がけをするなど、いろんな意見を出しました。
それを「チームワークの教科書」として、画用紙にまとめました。
1年間、子どもも、私も、クラスもどんな成長するか楽しみです。

Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/35-edb60644

Comment

ミルカーズ | URL | 2009.06.16 23:52
とても素晴らしい授業ですね。ただの体育の授業ではなく、心も鍛えて頂けて、本当にいつも感謝してます。子供も体育の授業だ・け・は、楽しみにしてるようです。本当に先生のクラスになりこの一年間で心も身体もどう成長するか楽しみにしてます。
とげとげ★先生 | URL | 2009.06.17 23:18
ミルカーズさん。元気出ました。ありがとうございます。子どもたちのやわらかい雰囲気を大切に、あったかいクラスになるといいなぁ。と思っています。また、ご協力お願いいたしますね。よろしくです。
Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する