二分の一成人式がおわった

終わってみて、こうやって学年で取り組んでくることって、いいもんだなって素直に思えてきた。

これまで、僕はどちらかというと学校行事よりは授業。色々な行事を詰めてしまうことは、スムーズに集団行動できることが優先されがちとなり、個々の学びが置いてかれてしまうことが多々あると思ってた。でも反対に、クラス単位の部分最適化を図っていても、全体としての向上にはつながらないんだろうな。視点を個人、クラス、学年、(はたまた学校、地域)へと押し広げられるのはなんだろう?

行事って教師にとって共通の目標を作りやすいんだろうね。でも、授業そのもので学年共通で取り組めると幸せだな。

いよいよ学年末。そこにむけて、学び納めで何を次の学年に、持って行ってもらいたいかな。考えてみようと思う。

FullSizeRender 8

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する