PAで笑ってスタートでした

2学期がスタートした。
ちょっとだけ黒くなった子どもの顔がぞろりとそろい、ちょっとだけ身体も大きくなっていました。教室は朝から、人いきれでムンムン。教室に入るなり、「きたーきたー」「先生〜!」「先生〜!」と夏の報告をまくしたてられたじたじ。でも、このエネルギー、教室が戻ってきたなと実感。

さっそく、席替えをし、教室前のプレイルームにてPAを。久々のメンバーだったのでいろんな人と笑って交流できるようにミニアクティビティを組みました。

いつもは「夏休みハブユーエバー」をするんだけど、ちょっと小さいグループサイズのコミュニケーションにこだわりがあってペアじゃんけんで進めるものを多く組んでみる。子どもたちは気づくかな、2学期の教室の雰囲気を「勝者=エラい」にしないアクティビティを選んでみました。

バキューン、大工さん、キャッチ、じゃんけんチャンピオン、PA式じゃんけん列車、PA式進化じゃんけん、そして、ふりかえりで正味40分ほど。

キャッチではみんながいっぺんに「きゃっち!」と声をあげるので、よくわかんなくなる。で、どうするってことになり、順番でまわしていこうってことに。合意形成はとてもしなやかでおみごと。でも、いつくるのかタイミングがわかってしまうので、はらはら感はあんまりない。このアクティビティはいつくるかの緊張感がおもしろいはずなのに、意外にも大盛り上がり。うーん、3年生のふところは広いのだなぁ。

盛り上がりに盛り上がったのはPA式進化じゃんけん。最初に勝った子は最後まで他の子のやりとりを輪になってみている。なのに、すごく楽しそうに観てまっている。そういうこともできるようになってきたんだなぁって、ちょっと大人に近づいている姿を感じました。

最後はKAIの本にあったように、「だれが一番楽しめたろうね?」って尋ねてみると、やっぱり、大汗かいていた最後まで残ってしまっていた子どもたち。いろんな人とじゃんけんしたりかかわれたからって。勝ち負けを越えて、友だ
ちとのかかわりを楽しむ、そんなクラスの空気感を共有できました。

そして、夏休みに体験したことをジャーナルに書いてさようなら。これから学級通信にそれをまとめると5枚くらいになるかな。


お昼は、世界中をとびまわってきた先生たちからのお土産話を聴きました。その後、QU調査の結果が届いたので、マトリクスの見方と対応について研修。ストローク、リフレーミング、チームビルディングの3つにしぼって話をしました。

放課後は夏休みの宿題をゆるりとチェック。自学ノートもたまってきました。そして、今月末にある社会科見学の打ち合わせで消防署本部。その後、喫茶店でしこしこと今日のふりかえりと、書きたいことを書いている。こうやって豊かに2学期がスタートするのは嬉しいもの。

明日からいきなり6時間授業のトップギア。ちゃりんこでの20km通勤も一ヶ月ぶり。昨日のバスケで身体がどんより重いけど気持ちはすがすがしいんです。

ではでは、明日へいーっぽ。

Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/292-d44b057d

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する