離任式を終えてもつながっているもの


ちょうど一月前、前任校でのこと、子どもたちとの最後の別れの日
何やらいろいろ企画をしてくれていたようで別れ際に、ひとりひとりから手紙を手渡されました
まぁ、子どもたちとは一日中一緒にいるので何を考えているのかはだいだいわかってしまいます笑
だって
「先生、泣いちゃうかもよー。あっ、でも、これってひみつなんだー」
とうれしそうに学年末、秘密に耐えきれなくなった子供たちがひっきりなしに話しかけてきました
子どもたちにとってはイガせんを驚かそうとサプライズ企画のつもりでいるのですが、すでにもうバレバレで笑

でも、わかってはいるものの気持ちは嬉しいものです
当日になって集めていたはずの手紙が見当たらず焦り始めたわんぱく坊主
クラスの女子からかわいい便箋をもらって、懸命に殴り書きで書き直しているお決まりの姿

そういう愛おしい場面に接することができるのは今日で最後だと思うと、胸に突き上げてくるものがあります。一人ひとりから手渡される手紙をもらい、ついにこらえられなくなってしまいました
目頭にホロリと涙が伝ってきました

私にとってはこの日で子どもたちとは最後のお別れの日、すでに勤務先の異動が決まってはいるものの子どもたちには伝えることはできません(仕事上)

でも、クラスの子どもたちは、来月も当たり前のように私が学校にいることを信じて疑っていない様子


花粉症の私は「目からも鼻水が」とおどけてみたものの、子どもたちにとっては私が泣いているのが不思議でなかったようでした

でも以心伝心、思いは伝わるものですね、言葉には出しませんがお互いに目が合うと真っ赤に晴らして最後のハイタッチでさようなら

とても尊い時間でした



私たち教師はたくさんの時間を子どもたちに費やしています
でも、目に見えるような進歩もなかなかみえず、結果が出てくるのも時間がかかあることのほうが多くあるのが事実
それだけに途方にくれてしまうときもありますが、こういう何気ない心のつながりがあるときにこそ、ふっと教師をやっていて良かったと救われる場面に出会えます

子ども心のつながりばかりを追っていた若い頃の教師時代とちがってきた今だからこそ、授業でつながり始めていた子どもたちからの手紙に書かれている言葉ひとつ一つが心に響いてきます




私の中でこの最後の日で前任校との別れをしてきているため、昨日の離任式では取り乱すことなく自然と笑って終えることができました。また離任式では一月経った子どもたちからの手紙集をもらいました。その中に、
「クラス目標に学び合いという言葉が入りました」
「あきらめないで話し合うってことを大事にしています」
「自主学習がんばっています」
「新しいクラスでもダンスサークル続けて新しい友達もできました」
「ぼくはなんとダンスサークルにいれらてしまいました笑」
とありました。

クラスが解散しても脈々と子供たちの中にのこって続いて行くものがあることを知り、この一年間の奮闘にも意味があったことを知り安心しました。

夜の歓送迎会では引き継いて5年生を担任している先生から
「どうやったらこういうことできるんですか?」と嬉しい質問をもらいました。
もちろん私は「LAFTという学びの場があってね…」

年度が終わっても子どもの姿を通して広がって行くこともあるんだと、新しい実感がありました。
子どもたちに脈々と流れ、繋がって行く文化の存在を確かめることができました。
五年間というあっという間でしたが、私自身が大きく成長、転換できた学校でした。
子どもたちとの出会い、そこでの魅力的な先生たちとの出会い、モデルとなるステキな保護者たちとの出会い、本当に恵まれています。お世話になりました。新しいステージへまた一歩ずつ進んで行きます。

Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/281-d47a5336

Comment

KAI | URL | 2012.05.07 22:57 | Edit
いいね!
KAI | URL | 2012.05.07 22:58 | Edit
コメントするのめんどくさい設定だなぁ…
Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する