「明日の教室」名古屋分校 1回目講師に声をかけていただきました

つい先日、フェイスブック、ツイッターつながりの長瀬拓也さんから講師依頼の連絡をいただきました
「明日の教室」名古屋分校を立ち上げるということで
その第一回目の講師として声をかけていただきました
学生や先生方からの希望もあり、抜擢ということだそうです


第1回「明日の教室」名古屋分校、講師決定


長瀬さんは私と同年代の先生、正直にいうと私よりも数年も若くて活躍されている先生で
すでに6冊ほど本を書かれている方
私自身もぜひ会ってみたかった人
教師の仕事術や読書術などにふれ、私も以前から読んでいました

近著、どしどし出されております





第一回目に呼ばれることは光栄でもあり嬉しくもあります
その分講演のプレッシャーで、実践のクオリティーを下げないか少し不安にも
しかし、これからの教育を考えるとやはりここはていねいにお受けすることにしました

今、私の教育観の中に「イエナプラン20の原則」がモデルとして大きくあります

http://study.japanjenaplan.org/?cid=2

それは、教育が、学び手にとってとても自然な「アタリマエ」の姿だからです
一言でいうなら子ども、大人という枠を払ってヒトの成長に沿っているといったらよいのでしょうか

そして、このイエナプランは現場の先生たちを軸に創り上げられてきたものであり
やはり現場が力点となり、教育現場は変わっていけることに勇気をもらえます

今、日本が抱えている現状を鑑みると
これからの日本を担う子どもたちの教育について充実は欠かせないもの
多様な子どもがいるからこそ、もっと多様であってほしいと願います

そこで今、私ができること
いただいたチャンスを大事にし、現場からたくさんの教育モデルが提案できるような
行動を一歩ずつ起こしてみようと思いました

まだ何を話すのかははっきりとは見えておりませんが笑
あんまり気張らずに「学ぶことを楽しむ」ふだんの子どもたちの自然な姿を知ってもらえたら一番嬉しいです



教育の充実についてもうすこしだけ
なにかが変わっていくときは、「クリエイティブなつながり」が必要だと思います
「情的」なつながりだけではなく、「知的」にもつながっていくことが必要だと
今、ひとりが企画を打ち上げるスーパー先生だけではどうも越えられないものがあるはずです

「学習する組織」を読み解いてみると、どうも一人のパフォーマンスで越えられることは少なさそう
これからはたくさんの先生たちや教育にかかわるエンドユーザー(子どもや保護者)
様々なセクションとのつながりを意識して、取り組んでいくことが必要だと思います
つながりが飽和点に達し、思わぬところが力点になり、大きく変わっていくことは可能性大です


そういった意味からも
地域のスポーツに熱心だったとき
お母さん方との読書会
学びのサークルLAFTなど
私がかかわってきたこと、様々なものにとても価値のあるものだっんだと思いました

去年、LTL(Learning technology lab)で研究をしていたときのこと
熊平美香さん(とってもすてきな方なんです)から教わったことに「イノベーター理論」がありました




最初に新しいことに取り組む人は変わり者、そう、イノベーターなんです
そして、その熱がどれだけ他に波及していくかなんです

そんな話をされていたような
まるでjobsのことのようですね

1. イノベーター(Innovators:革新者):
冒険心にあふれ、新しいものを進んで採用する人。全体の2.5%。
2. アーリーアダプター(Early Adopters:初期採用者):
流行に敏感で、情報収集を自ら行い、判断する人。他の消費層への影響力が大きく、オピニオンリーダーとも呼ばれる。全体の13.5%。
3. アーリーマジョリティ(Early Majority:前期追随者):
比較的慎重派な人。平均より早くに新しいものを取り入れる。ブリッジピープルとも呼ばれる。全体の34.0%。
4. レイトマジョリティ(Late Majority:後期追随者):
比較的懐疑的な人。周囲の大多数が試している場面を見てから同じ選択をする。フォロワーズとも呼ばれる。全体の34.0%。
5. ラガード(Laggards:遅滞者):
最も保守的な人。流行や世の中の動きに関心が薄い。イノベーションが伝統になるまで採用しない。伝統主義者とも訳される。全体の16.0%。
http://www.jmrlsi.co.jp/より抜粋

5.gif


イノベーターとアーリーアダプターは合わせても全体の16%しかありませんが、この2者まで普及するかどうかが次のアーリーマジョリティ、レイトマジョリティに広がるかどうかの分岐点になります。このことから、ロジャース教授はアーリーアダプターを重視し、「普及率16%の論理」として提唱しています。
http://www.biz-hacks.com/ 参照



私は変わり者であり、冒険心がある「イノベーター」でありたいです
そんな姿を少しだけでも明日の教室名古屋分校で伝えられるといいです
名古屋に近いかた、ぜひお会いできるのを楽しみにしております

Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/244-20ca49da

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する