★★学級日誌20日目★★ 「NO メディア DAYの賛否両論」

本市は、本日が「NO メディア DAY」として、TVや携帯、ゲームなどの使用を控える日と設定されました。
メディアを禁止した時間を、家族との話し合う時間に割り当てる目的だそうです。
ただ一方的にプリントを配って取り組むだけでは、あまり価値がわかず、やらされ感でなんの学びにならないでしょう。

意識の高い子は、朝鉄棒で挨拶をしながら、「TV見なかったよ~」と教えてくれましたが
クラスの大半は、NO メディア DAYについては全く忘れていたようでした。

そこで、自主学習に「NO メディア DAYについての自分の考え」を課題としてあらかじめ出しておいたので、1時間目にさっそく「討論会」をしました。

この話し合いが異様な盛り上がりを見せとても等身大の子ども達が投影され、とても興味深いものとなりました。
TVやゲームの話し合いから、ゲーム脳や、家族との時間、引きこもりや犯罪まで、自分たちから話題が出てきました。
その一部を少しだけ紹介します。

始めの発問に「あなたは、NO メディア DAYに賛成ですか?反対ですか?」
これに対して、「心の表示板」で自分の意見を全員が示します。

この心の表示板は、円グラフで自分の考えを表示する板です。
よく道徳の授業に使う優れものグッズです。
前任校で、道徳主任の先生と開発しました。

すると、ほとんどの子ども達が「反対」の割合が多く表示されました。
理由は、「面倒」「TVおもしろい」「みたい!」などなど。
なるほどと思ったことに、「いつも通り過ごしていれば、家族とも話しをするし、TVもあまり見ないから反対」
この意見が結構多くありました。

反対に、「賛成」意見は少数でしたが、「目が悪くなる」「家族と仲良く話したい」「仕事で話す機会がない」
など、まるで大人の意見が出てきました。
とどめに、「もっと話したいと思うことが大切!」とある女の子が力説したところ、「賛成派」が増え始めました。
さらに「ゲーム脳になってしまう」などの意見も出てきました。
ゲーム脳については、私が多少補足をしましたが、基本的には子ども達同志の活発な意見で、全体の話し合いは進んでいます。

発問の2つ目に「もし、毎日TVばかり見る生活と、全く見ない生活どっちがいい?」の答えは
それでもやっぱり、「毎日TV派」の意見が多くありました。
理由は「ゲームが大好きだから」「たくさんできて幸せ~」が多く、まだまだ刹那的な感じもありました。
しかし、興味を引いた意見に、「TVを我慢するとイライラしてしまい、犯罪にはしってしまうから」
毎日TV・ゲームはOKだと主張する子もいました。
この意見に「TV・ゲーム反対派」はどうするのかな?と聞いていました。
すると、「ゲームは反対です。体を動かしてみんなで遊ぶのがいいからです。」
「ゲームは息抜きでするものだからです。」
と強烈な意見も出てきました。

そこで、意地悪な私は「ねぇ、DSをもって外で遊んだり、Wiiは体動かすじゃない?これはだめなの?」
ときいてみました。
TV・ゲーム賛成は、助け船あり!と大喜びで、「そうだ!そうだ!」の嵐です。

しかし

「先生、わかってないなぁ。DSはやWiiはめいいっぱい体を動かさないでしょ!一部だけ!」
「そうやって、家でゲームばかりしているから、引きこもるんだよ!」
と、引きこもり問題まで、だして説明してくれました。

ここで時間終了。
まだまだ話し合いをしたかったのですが、残りはノートに意見を書いてもらいました。
以下にいくつか紹介します。

でも、確かに約束を守って生活している子ども達にとっては、このようなNO メディア DAYはあまり、意味がないのも感じました。しかし、実際にゲーム三昧の子も学級にいるのも確かです。
これを、クラスの問題として、話し合うことがとても大切だと、改めて思いました。

授業が終わって、子ども達は、体育館へ移動しながら、
「ねぇねぇ、あんたどっち?賛成?反対?」
と、いつまでも話しているのを見ました。

こういう姿を見ると、子ども達の中に一つ、種をまけたような気がして嬉しくなります。

さて、NO メディア DAYの結果はいかがでしょうか。

Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/24-66cafe8d

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する