★★12ログブック「あり方をかえると(楽しむと)こんなにもクラスは温まる」

毎月、第二土曜日は学校公開

今月は嬉しいことに7人もの先生方が半日授業見学に来てくださいました
私は「観られる」と結構、燃えるタイプかもしれません(笑)

今週は特に忙しくって、準備という準備ができないまま当日をむかえることとなってしまいましたが
一日一日のシュミレーションは日誌で念入りに行ってきたためか
いつも通りの穏やかな一日となり、一安心

ここ1週間でクラスの様子がガラリと変わってきました
子どもたち同士の関係や空気が今にもまして温かいものになってきた
そんな感じです

それは理由があります

9月の私は「楽しめていなかったなぁ」とふりかえり
一つ一つのクオリティをあげることよりも、目の前の結果をたたきだすことにシフトしすぎていて
「楽しむこと」をあとまわしにして、自分らしさ(人生楽しんでナンボ)を欠いているところがありました

人が本来、本当に学んでいるときって「楽しんでいる」プロセスの中にいるとき
学び本来の楽しさを追求できずに、一授業結果、テストの結果と少し子どもたちに負荷や無理をかけすぎていたことに反省しました
知らず知らず、意識せずか、学習に追い込んでしまっている失敗


その日から、楽しむためには、もっと教室の中の関係性を「温めよう」と決意

毎朝の「絵本の読み聞かせ」に始まり
当たり前のルーティン作業(掃除や給食)を「わくわくどきどきのチャレンジ」に変えていく取り組み
学び合いや自主学習でのミニレッスン
6年生とのマルチエイジ(異学年交流学習)など
一つ一つの取り組みが楽しいものとなってきました

とくに最近こだわったのは「静かを作ること」です
静かを作ることこそ、とても温まることだったんです(今頃気づくってどういうことなの…)

今までは、「静かにして!」と声をかけることが多々ありました
でも、その「静かにして!」の「!」が教室の温度を冷たくしていることに気づいていなかったんだなぁ

だから、子ども同士厳しく注意することをやめるようにして
だまって手を挙げること
お口にチャック※※しーで
教室の静かを、温めながらつくる場にかえてきました

先日の朝、大きな声で注意するんじゃなく、優しくとんとんと教えてあげるエピソードがありました
ズボンのチャックが空いている子がいたので、それを大きな声で教えてあげている子がいました
それはそれで親切なんですが、みんなにばれてしまったりして苦笑い
とんとん、と優しく肩をたたく程度で相手には伝わるし、周りからの失笑も無くなります
なによりも、その「とんとん」は温かい

大きな声で注意し合うってことは、温められるチャンスを失っていることなんですね

この気づきこそが肝でした

教室の温度がガラリと変わりました
そして、私自身の子どもたちの関係性がもっている温度が上がったり下がったりする視点に色々気づけるようになりました


やっぱり、楽しさベースに学びや授業がのっかる感じが私らしいクラスなんですね

こういうことに気づいたのは、
先週の月曜日、せいこさんとゴリとKAIの4人で「ケース会議研修」で話していたからこそ
そこでの具体的なアドバイスが私にとってとても貴重なものとなりました
尊敬できる仲間がいることってとてもありがたいこと
出会いに感謝、感謝
やっぱ、あの人たちはだてにお年を召していらっしゃらない
学びが深いよ



そこで学校公開当日の話

半日の間、子どもたちの様子はとても穏やかで温かいものでした
子どもたちは、参観者の方々から感じる緊張感も最初に5分程度
あとはいつも通りフツーに質問し合ったり、話し合ったり、教え合ったりしていました

朝のサークルは読み聞かせ
1時間目は国語で漢字学習、ミニレッスンは「効果ある漢字の学び方」

2時間目は算数で割り算の筆算、ミニレッスンをさらりと終え、学び合う時間をたっぷりと
そして、算数カルテで一人一人の理解度をチェック

3時間目はサークル活動、ミニレッスンは「来週イベントを開こう!」
私の「怖い話サークル」のポスターを見本に各グループ
それぞれイベントやら各自やりたいことをいろいろ取り組みました

たった半日でしたが、子どもたちの穏やかで温かい関わりが、学習の効果を高めていると強く感じました
そして、この半年間で一番素敵な姿だったと思います
これは、けっして参観者がいるからって事ではなく

「クラスを楽しむ」という私自身のあり方一つ変えるだけで
こんなにも子どもたちの様子がぐぐぐっと高まっていくことにとても驚きと
子どものがんばりに素直に感謝でした

私の中でも、一つ自信になったとても貴重な一日でした
わざわざ遠くから来てくださった先生方に、本当に感謝です



最後にお知らせ
学校事情により、今回の公開をもちまして、授業の一般公開をやめることにしました
しばらくは、クラス内での関係性や授業のクオリティを上げることに専念いたします
ご連絡くださっている方、ありがとうございました

Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/233-1d74d3eb

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する