★★「本棚には『今』本当に読みたい本だけを入れておく!」ハック

ようやくボクにも夏休みがはじまりました
10年次研修と免許更新で研修の嵐
さらに追手をかけるように自動車の免許更新まで(笑)
これには全く予想していなかっただけに参りました…

なんとか全て終わらせ、ほっと一息つける休みにはいりましたが
今年の夏は結局「どこにも行けません」と家で原稿を書く決意しました

ということで、なかなか手つかずだった本棚の整理整頓に気分転換に着手
ボクなりに本棚ハックを考えました



それは、「本棚には『今』本当に読みたい本だけを入れておく!」です

資料のために元においておきたい本以外、いつまでも積んどく本はぜーんぶばいばい
普段お世話になっているブックオフ行きです

裁断してPDFにもしようかと迷いましたが
そのトータルの手間を考えるとそれほどの価値はないかと判断

本当に必要ならまた買い直そうと思うぐらいの決意です
(ですがそんな機会はほとんど来ないと思います)

でも、もったいない根性がでてきたので
速読でこの「読まなくちゃいけない本たち」を1日かけて30冊ほど速読しましたが
まったくおもしろくなく学びがありませんでした

もう、今のボクの学びの文脈から古くなってしまっている本たち
読みたい本ではすでに無くなっているためさくさく読めなくなってしまっていました

本には鮮度があります
読まなくちゃいけなくて買っておいた本たちは
いつのまにか「もうあんまり読みたくないけど買っちゃった本」に品質がかわっていってしまっていました



「本棚には『今』本当に読みたい本だけを入れておく!」ハックの何が利点かといえば

「あぁ、あの本読まなくちゃ、でもこっちの本の方が先が読みたいんだよねぇ」
という心の後ろめたさがまったくなくなるため、完全に目の前の今、読みたい本にシフトできます

全力で今一番必要な効果的な本を読む環境ができます
結果、読書量がスピードとともに増します

子泣き爺のような
「あの時読みたかったけど今は読まなくっちゃいけないと思っているうちにちょっと古くなってしまった本たち」
の呪縛から解放されます



本棚の片付けのコツは、本棚を「ストックにするのかフローにするのか」どちらかを決めておかないといけません

捨てるといっても全部捨てません
やはりとても学び多き本はいつまでも手元に残しておきたいもの

ストックとは手元に残しておきたい本のこと
フローとはいつも新鮮な今読みたい本のこと

ボクの場合はストック3:フロー7がとてもわくわくしていて
本棚を眺めていてムフムフする傾向が強くなります
3:7あたりが本棚が生き生きと回転していて良い感じがします

そして、本棚の横にアマゾンの段ボールをひと箱置いておきます
ここは、ブックオフコースの本置き場
少し、たまってきたらブックオフへ持っていきます



本の整理を通して、本は本棚の飾りものではないということに気づきました
やはり、「読んで」「学んで」「行動して」初めて価値のあるものです

そこへのスイッチを大きく変えるには古い本は思い切って一回ぜーんぶ処分です

もう一度書きます

ぜーんぶ処分です(笑)

そこまで決意できない人は段ボールにこっそりしまって見えないところに奥深くしまっておきましょう
あくまでも本棚を活用して本の物流(新しい本が並べられたり、読んだり戻したり)が起こるようにします


本もそうですが、これからは極力モノを持たない生活を心がけようと思いました
もったいないけどやはり本とさよならをするのは心が痛いもの

使わなかったりいつまでも読まなかったりする本などは
極力買わないように心がけようと思います
モノの豊かさは、変な安心感があって学びのチャンスや心の豊かさを奪っていくのかもしれませんね

あしたは、夏休みに入って読んだ本の中からお勧めを紹介しますね

Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/230-36333346

Comment

のん | URL | 2011.09.03 09:35
はじめまして、のんです。
研修と免許更新でお忙しいですね。

本には鮮度がある

そのとおりですね。私も山積みの本を片付けようっと♪
| | 2011.09.03 18:31
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する