★★10ログブック「席替えアクティビティ」



ミニクラス会議で「席替えをしたい」との意見がでました
子どもから出てきたそのめあては「男女仲良く楽しく」がコンセプトだそうです
このへんのチョイスに子どもたちの成長を感じられて嬉しいですねぇ

今年度2回目の席替えをしました(1回目は単純に忙しくてくじ引き)
オーナーシップをもてる子どもたちに育てたい
そのため、席替えも子どもたちと相談します

昨年までは、全部、子どもたちに「おまかせ」していました
そこでの対立や葛藤、そのプロセスから学ぶことの多さと成長を感じていましたが
今年はやや構成的に子どもたちと「相談」しています

「相談」といっても先生の意見を押し出すわけではありません
やっぱり、先生の意見はかなり影響力があるので
「ここは」というとき以外はあんまり出ないようにしています

以前、「席替えの話し合い自体」も子どもたちにおまかせしていた時期もありました
でも、それでもできちゃっていた子どもたち
オーナーシップを育てようといった文化を先生と子供で共有しているとすごいんですねぇ
もちあがりの子どもたちっていうのもあったけど

子どもたちの興味関心が高いだけに、席替えは白熱します
だからこそ、対立が生まれます
真剣なだけに譲れなくなります
その対立をうまく解消していけるクラスの発達段階ですと、おまかせすることができます

今年は、ボクがファシリテーターとして場をセッティングする役割を意識しています
それは、ファシリテーターモデルをこの1学期の間に子どもたちに学んでほしいからです
特に意識していることは
「話し合いの交通整理」です
だれもが安心して話せる場づくりと、言いたい事の代弁をオープンクエスチョンで深めます
後は、子どもたちの体験的な不足、言葉の不足を補います

今年は、そのへんをややていねいに


「ゆずりあって席替えをしたいなぁ」
ゆずりあいには、がまんも必要なこと、みんなが少しずつがまんをすることができるとうまくいきそうなことを補いました
また、今回がまんした子は次回は優先的に決められるといいねぇといった提案もしておくと
子どもたちは「ゆずりあう」ことに安心してチャレンジでしてました

「ペアでやりたい」
色々意見をきいていき、結局のところ、男子同士女子同士のペアをくっつけあってグループをつくる
この意見で落ち着きました
こういう話をひとつずつ深めていきました
といっても話し合いは10分程度ですみましたが

あとは、視力が低い人は前の方を優先的にね


3分間という時間設定もしました
あんまり時間をかけていてももったいなく、のこった時間でもっと楽しいことをしたいし
嫌な雰囲気になったり、この時間でうまくいかなかったら、どうする?と問いかけました
「くじ引きで決めるー」
んじゃ、うまくいかなかったらくじ引きね


あくまでもめあての「ゆずりあって」「男女仲良く楽しく」に向けて、をはずさないことを大切にしました
ボクからは一つだけ補足「ひとりぼっちを作らない」
このことは、ていねいに具体例を挙げながら話しました
意地悪された経験や、ケンカしてひとりぼっちだったときの体験を思い出す時間もとりました
こういう話をしたあとだからなのかもしれないけれど、いつものわんぱく坊主たちが率先して
ゆずりあったり、声をかけたり、ひとりになりそうな子に声をかけるんですよね
やっぱり、この先生の仕事ってこういう場面にいっしょにいられる幸せがあるなぁ

こうやって少しずつ少しずつ進めました
個々人の目標も目を閉じて設定もしました

今回は、かなりボクからの場の整え、インストラクションがやや強めの席替えだったと思いますが
ボクの中にあっためあて、「子どもたちが自分たちで考えて、席替えで成功体験を積む」ためには
必要なステップでした

でも、授業中はよく立ち歩きながら、子どもたち同士学び合い、相談してますので
あんまり席順って関係ないのですが(笑)

子どもたちは席替えって好きだよなぁ
友だち関係や自分の居場所を確認するので安心するのかな
裏をかえすと、クラスの雰囲気によっては先生が決めた方がいいこともありますね
席替えも子どもたちの状態をしっかりと見極めてってところです






昨年度の子どもたちの席替え実践をのせてあります
オーナーシップを育てる段階での席替えアクティビティ(ハイエレメントだな)です
興味があれば、ぜひ読んでみてください
まかせることって、すごい力になるんですね
朝の時間やよく時間をみつけて、自分たちで話し合っていたほどでしたから




Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/224-6472c219

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する