★★先生のトレッキング








ボクは1年の中で今が一番好きな季節
緑の色がいきづいて、風がさわやかで
花粉症もおさまり、あつくなく…
こんなときは、ついつい自然の中にで歩きたくなります

この週末、妻と二人で長瀞の宝登山へトレッキングに行きました

ボクはできれば奥秩父の山々をガシガシ攻めたかったのですが、登山初心者のボクたちとしては
手始めに4~5時間程度のトレッキングでということでまずは長瀞

上長瀞駅まで車で1時間30分
電車で野上駅まで2駅して下車、歩くこと20分、そこから登山道に入ります

1000000556.jpg


のどかな風景と、鳥のさえずり、気持ちいい風が吹きわたってリフレッシュされます
程よく汗もにじみでてくる暑さ
「きもちいいねぇ」
「きもちいいねぇ」
アメをなめながら心持幸せを感じていました

1000000544.jpg


しかし、それもつかの間のことでした

山道歩くこと1時間
「あれ?サングラスが無い…」

森の中に入ると暗くなり、サングラスを額の帽子にあずけました
そして、さらに汗をかいて暑くなって帽子を脱いて、ポロっとどこかへ

1000000546.jpg


さて、困った

ボクは、アウトドアグッズが特に好き
だから、道具はお気に入りのもので大切にながく使うのがポリシー

うーん
拾いに行くか
しかし、この先まだ4時間はあるけどなぁ

妻はドライにも
「また買えばぁ?それか、あとで車で戻って入り口から拾いにいったらいいんじゃない?」
そんなんじゃ、風情もへったくれもない

悩んだ末、妻を置いて拾いに行くことに

「1時間だけ待っていて」

そういうと、ボクは荷物を妻に預け、山道を走り始めた
「こんな山道一人おいてかないでー!」と後ろから声がした(ような)

山道を走るスポーツをトレイルランニングというらしい
以前、正丸峠の17kmのトレイルランニングの大会に何度か出たことがあり、多少の自信は
と、思っていたのですが、久々アップダウンがきつい!

目を山道にこらしながらこらしながら走るのはなかなかつかれます

もしかして脇道に落ちていたら…
もしかして通り過ぎてしまっていたら…
もしかして、タヌキがかけてもっていってしまったら…

冗談にも思えないような妄想が繰り返しわいてきて、気はせるばかり

息を荒らしながら走ること30分
どこで道を間違えたのか、いつの間にか道路へ(涙)

しかたなしに、登山道入り口までロードランニング

結局、スタートの登山道から走り始めました

不安になりながらも、息を切らし走り続けました
走れメロスの気持ちがよくわかります
この場合はサングラスなんですが

すると!

1000000547.jpg



あった!あった!

道端にポツンと落ちているではないですか!

それを颯爽とかけ、また走ること30分

ようやく妻らしき姿を見つけ、「あったぞー!」

膝を抱えて不服そうな妻
「蚊がねぇ、大変だったんだよ。こっちに異動すると、また、蚊が集まってきて、そしてねぇ…」
しばらく、妻の話を聞きながら、トレッキングは再開されました

このコースは初心者向けのコース
でも、最後の登りは結構きつかったです

1000000549.jpg


1000000553.jpg


ボクは以前、ネパールのエベレストに1週間登ったことがありますが(といっても4000m程度ですが)
でも、きついものはきつい
トレーニングに励まなくてはなりません

その後、ロープウェーでさっそうと山を降り、おいしいものにありつきました

1000000554.jpg

1000000555.jpg

長瀞は天然氷の名物
かき氷は天下一品です

そして、夜はバスケ
1000000557.jpg



もう、体が動きません

楽しい一日を満喫しました
次は、奥秩父、三峰口から出発かな


Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/214-16cea049

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する