先生の放課後「ふりかえり日誌継続985日目」

自分をふりかえり意味でも日誌を継続し始めて今日で985日目になりました
今までA4用紙に書いていたのですがずぼらなボクはよくなくなってしまうため
昨年の11月からノートで管理することにしました
そのノートが新しく変わるので、この半年間の学びや貴重な体験などをふりかえってみました

1000000263.jpg


心が元気になったこと
★初めての出版「子どもの力を引き出すクラス・ルールの作り方」
★クラスの子どもたちの言葉
「僕も教師になってもいいかも」
「来年はイガせんじゃない先生で今までのことをやってみたい」
★西脇KAIでのこゆーい学び
★ぎょとのハイエレメント「手つなぎトラバース」
★柏原分校のスタート
★ギター集金事件
★CWSの募金活動
★日経新聞の取材
★入間保育園の訪問
★沖縄での1年間のふりかえり
★開場先生の涙
★クラスの成熟

自分を戒める問い
★あなたが一番「やりたいこと」「やるべきこと」はなんですか?
★人を気づかずに言葉で傷つけていませんか?
★努力することよりタレントを過信していませんか?
★先延ばしにしていて、常に気になっていることはありませんか?
★熱中しすぎてませんか?周りの声が聞こえていますか?
★「ありがとうさがし」をしていますか?
★学んでいますか?
★ノンバーバルや相手が感じていることなど、人をよく観ていますか?
★日常の平時における良好なコミュニケーションを心がけていますか?
★他の人や学年、クラスを温めていますか?
★子どもの力を信じていますか?

学びへの問い
★その学習のねらいはなんですか?
★ねらいにあった、場づくりがされていますか?
★子どもが自分で理解したかはどうしたら分かりますか?
★どうすると学んだことがわかりますか?
★どんな学びの体験を準備すると熱中して取り組めるようになりますか?
★どんな資源がありますか?
★どのていど達成できましたか?
★学びの中で子どものどんな自発的な探究がみられましたか?
★どんな評価をもっていますか?
★子ども同士の深め合いはありましたか?
★資料を離れ、実生活に関係した学びがありましたか?
★体験的に学ぶ場、学び直しの場が用意されていますか?
★事前に評価規準が子どもと共有されていますか?
★子どもが自己評価する場が用意されていますか?
★分かった気になっている誤解を検証する小テストを取り入れていますか?
★個別の課題が設定されていますか?
★「先生が教えることと:子どもが学ぶこと=3:7」になってますか?
★どうしたら次のステージへあがれますか?
★思い通りにいかない場面(安全な葛藤場面は楽しい)を意図的につくっていますか?
★先生が観察するプレッシャーをかけていませんか?
★子どもの様子から学びの段階をていねいにアセスメントしていますか?
★ふりかえりのパターン化をふせぐ手立てをしていますか?
★できないことをできるようなスモールステップ化された手立てがなく子どもを叱責していませんか?
★先生も一緒に子どもの輪に入っていますか?
★繰り返し言ってもやっても変わらないときは、やり方を変えませんか?
★学びのプロセスや結果など教室やノートに「見える化」されていますか?
★場合にもよるけど、活動(アクティビティ)の意図を子どもたちに伝えていますか?
★大人が学ぶことを楽しんでいますか?大人が生きることを楽しんでいますか?
★ひとりでいることも認めていることが伝わっていますか?
★学びなおしができる場・時間をつくっていますか?
★マイナス面ばかりではなく、いい点をみていますか?
★どんな具体的な計画を立てていますか?
★事前にどんな準備をするとスムーズに流れますか?
★与えられたゴールから自分たちのゴールに変えられていますか?


気づき
★6月に毎年失敗が重なるのは、チームのストーミングの時期があります
★先生がいきいきしていることは子どももいきいきできるベースになります
★自己選択自己決定には自己責任があります
★主体的に変わるコツは「わかること」から
★書くことがストレスマネージメントになる
★誰かがどこかでできていることは必ずやれるはず
★伝えたい事がいつも同じなら「絵本」作っちゃおうかなぁ
★聴くことのリーダーシップを育てる
★日誌の力はすごい!


やってみてよかったスキルノウハウ
★エピソードを交えて話す
★実習は各自がフキンをもってくる
★ペアを変えることでたくさんの人と関われる場をつくる
★単元通して使う学習は【模造紙】にまとめる
★学級通信子どもたちが読み、線を引く時間をとる
★変化のある繰り返し+ユーモア
★意見を考える時間をとる
★成績処理は8人ずつ大変な「所見覧」から始める
★週1回所見の項目を見つける
★テストはその場で帰す
★配布物は全てクリアファイルでエバーノート化
★「クラス」をスケーリング
★子どもにテスト計画を配ってみて、予習の手立てにする
★論文記述式テスト、ディスカッション評価を学期に1回は取り入れる
★ストーリーにファンタジー・クラスメタファーを取り入れていること
★アイスブレイクで「声」「動き」が大事
★集団の様子を自分の体の一部としてとらえてみる
★リーダーシップは集団の状況、メンバーによって変わります
★言葉の意味を問うこと、相手によって受け取り方はちがいます
★ある行動を定着するためにキャンペーンをはる。
★成績表をもらってからの子どもと個別面接「思ったこと」「3学期のめあて」
★他の学年との合同体育
★読みの低い子同士のブッククラブ
★グループサイズの発展は2~4~8
★オープンクエスチョンで第3階層まで深めると共有できます
★ケンカしたとき実際にたたかれ具合を手のひらにパンチさせてみる
★算数学年末に1年生からの総復習学力テスト
★クラス会議の軸は学級目標に照らし合わせてふりかえる
★いいことツイッターノート
★保護者用いいことツイッターノート
★やりたいことをたくさん詰め込まない事
★モデル~おけいこ~フィードバックの流れ研修

まちがいなく、日々のふりかえりはボクの成長には欠かせないものとなっています
この新しいノートで1000日目を突破すると思うと、継続は力だなぁとつくづく感じます
これからの継続していきます
そして、節目節目でふりかえりをして、また、ちょっとずつ成長しながら歩をすすめます

Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/196-90b9d047

Comment

gyo | URL | 2011.04.16 20:56
「手つなぎトラバース」はすっごく不思議な時間でした。
やる前もやった後も怖いことには変わらないんですけどね(笑)

でも、他の人だったらできなかった気がします。

振り返りは僕も毎日欠かさず、今年で4年目です。
これは絶対に成長には欠かせません。
イガせん | URL | 2011.04.16 21:25
もう一度ぎょといっしょにトラばりたいねぇ。
あれは僕にとっても大きな学び。

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する