★★第39番星「お楽しみ会バーべQの中止の勇断」

ニュースを見るたびに心を痛めています

きっと、被災地にいる方々の比にならないのでしょうが

とんたんさんや、ふるTさん、本庄先生、ご無事と聞きほっとひと安心しています

そして、震災に立ち向かおうとしている人たちのニュースから、逆に勇気をもらっています

自分に今、できることを考えています

ボクができることを考えてみると、今、目の前の子どもたちと震災にちゃんと向き合っていくことだと思い
今日、じっくりと話す時間をとりました


子どもたちの気持ちにそえるようにゆったりと1日のはじまりをむかえようと少し教室を片付けました

椅子を用意して、クラスみんなで教室で輪になりました

「今、一番クラスの中でじっくり話したい人といっしょに不安や怖かったことを話してみよう」

子どもたちは2,3人に分かれて口々に話し始めました

途中、話の聴き役になりすぎている子には意識して話すように
また、話しすぎの子には意識して聴き役になるように声をかけました

子どもたちはそれぞれTVやニュースで知っていることや身近な人のこと、地震で怖かったことを口々に語っていました

「不安を語る」

これは、仲間同士の関係ができていないとなかなかやらない話し合い

今の子どもたちならできると判断してやってみましたが、教室内がほっとあったかくなりました


そして、ボクから少し長い話

・今、この国に起きていること
・苦しんでいる人がいること
・頑張って励まし合っている人がいること
・苦しい時だからこそ、みんなが色々助け合っていること
・一人一人の力は小さくても、みんなが協力することで被災者の方々に協力できること
・自分の命は自分で守ること
・避難は状況によってまったく異なり、その場の臨機応変の判断が求められること
・家族とはぐれたときにどんな風に再開するのか、落ち合う場所はきめておくこと
・余震がくることの不安を受け止め、予想できるからこそ事態へ泰然自若に臨めること


最後に、「お楽しみ会の中止の勇断」について話をしました


実は、昨日はクラスお別れパーティーで河原でバーべQをする企画が進んでいました

子どもたちが、なにかクラスの皆でできることをもっとやりたい!
と自分たちでプロジェクトを募って、この1カ月ほど前から企画していました

そのために、保護者の方にも自分たちでボランティアを募り色々手伝ってもらって計画を進めてきました

しおりも全部手作りで、ひとりひとりに作り、保護者あてにも手紙を作りました

オーナーシップをもってどんどん突き進んでいる子どもたちはたくましいほどでした

でも、バーべQの前日、プロジェクトの一人の子から
「お楽しみ会を中止しようと思う…」に電話がありました

「たくさんの人たちが苦しんでいる中で、やっぱり自分たちだけ楽しむわけにはいかないから…」
と涙ながら話をし、中止の判断を自分でしました

やりたい気持ちはとても伝わりってきました

もう、買い出しもいろいろな準備も全てととのえての状態

でも、被災されている方たちの気持ちを思うと、自分たちだけ楽しんでいられないと判断したようです

ボクはこういうとき、あまり口をだそうとしません

中止の催促をしようとも思いましたが、ぐっとがまんして待っていました

こんなふうにまわりの人たちへの思いやりをもてる子どもたちに成長してくれて本当にうれしく思います


自分たちでオーナーシップを持ってどんどん活躍しようと大人を巻き込んでいろいろ挑戦すること

そして、なによりも、そのずっと準備してきた企画を震災の状況をかんがみて、中止の決断をしたこと

胸にぐっときました

そんな、子どもたちの判断、だれも文句をいうわけでもなくいつものように月曜日の朝がはじまりました


サークル対話の最後に
子どもたち一人一人が今感じていることや考えていることをひとりずつ話してもらいました

「近所にお年寄りがいるから、避難する時は気遣って声をかけてあげたい」
「遠くにいる人たちになにかしてあげたい、家に帰ったら、すぐにコンセントを抜いて節電をしたい」

いつの間にか、子どもたちの話は自分がすること、したいことにシフトしています


最後に、ふりかえり日誌を書きました

「日誌に大きく箱を書きましょう」

「その箱の中に今、感じている不安をしまいましょう」

子どもたちは日誌に書かれた箱の中にそれぞれの不安を書き入れて、最後に鉛筆でふたをしました

これは、不安や悩みと距離をとるフォーカシングの技術をつかった気持ちの整理術

こういうときにこそ、とっても効果的です

そして、日誌をボクに見せてハイタッチして一日がスタートしました


こういう時だからこそ、みんながお互いを理解して、つながって、助け合って、日本を守っていこう
そう強く願っています

近々、出版記念のチャリティーワークショップを開きます

被災地域の方々を応援するために、ボクなりにできることを始めます

Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/192-3b7332e1

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する