★★先生の書棚「ゴリとせいこさんと新刊がでます!」

ボクの大事な親友ゴリと尊敬してやまないファシリテーターちょんせいこさんの共著がでます!
この本はクラスの新学期のスタートダッシュには欠かせない本です
ぜひぜひ読んでみてください!
3月14日発売だそうです!

以下ちょんせいこさんのブログとゴリのブログからの転載です







いよいよ新刊が出ます。
ボクがクラスでやっていることを、
ていねいに「標準化」することを目指しました。
今の時点でのベストと自負しています。
今までボクは自分のクラス作りを「標準化」することをためらっていました。
感覚でやっていること(暗黙知)を、言語化(形式知に)できるのだろうか。
そんな自問をずっと繰り返していました。
しかし、ちょんせいこさんとの対話の中で、
丁寧に形式知に置き換えてきました。
それは本当にクリエイティブな対話でした。



最高のクラスのつくり方 (教育技術MOOK)
作者: 埼玉県狭山市立堀兼小学校6年1組,岩瀬直樹,荻上由紀子

この本のようなクラスを作る方法を、具体的に「標準化」することを目指しました。
みなさんのクラス作りのお役に立てるとうれしいなあ。

実はもう1冊、新刊がでるのですが、その情報はあらためて!


新刊「よくわかる学級ファシリテーション①~かかわりスキル編」予約スタート!
2011年02月14日 20時43分58秒 | ファシリテーション
信頼ベースのクラスをつくる…シリーズ第1作
「よくわかる学級ファシリテーション①~かかわりスキル編」の
予約が始まっています

チラシ↓
http://www.eonet.ne.jp/~facilitator/pdf/kakawari.pdf

amazon↓
http://amzn.to/hTYxRd

岩瀬直樹さんとの共著です

2人のキャラクター「イワセン&せいこさん」が
わかりやすく、シンプルに、そして深く、骨太な
授業や学級活動の進め方のベースとなる
「学校の先生=ファシリテーター」を提案します

ファシリテーションは技術だから
ピアノやバスケットと同じで
練習すれば、誰でも出来るようになるんですよね

クラスが1つのチームなり
心の体力を温めながら
信頼ベースで聴き合い、学び合い、高め合うクラスをつくる

前半は「ファシリテーターのかかわりスキル10か条」や
「5つの技」を紹介

後半は「最高のクラスのつくり方」(小学館)の舞台になった
イワセンの学級活動の方法を
日本中の教室で取り組めるように、標準化しています

特に4月の最初の1週間を丁寧に作ることを提案していますが
もちろん、学期途中でも、大丈夫
信頼ベースのクラスを作りたいと思った日からの
1週間として取り組めます

そして何より

学級崩壊したり、しそうなときには
是非、読んでほしい一冊です

ステキなイラストがイッパイで、ホントにわかりやすく
私たち2人も大満足の本になりました

これから、2人でいろんな提案をしてゆきます

幸せな子ども時代のために
一緒に歩んでゆきましょう





本は身銭を切って買いましょう!
これ大事なことね
はやく発売されないかなぁ
たくさん参考にさせてもらいたいなぁ

Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/190-6f7164f9

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する