★★先生の学校「私は「バカ」なのか否か 転載」

今日は一緒に活動中のEFC副代表中川さんのMLがとても心にのこったので転載します
中川さんは、しゃべりかや、オニミニの開発者で、オルタナティブ教育に造詣が深い人
話す言葉が純粋でとっても素敵な方なんです

その中川さんのMLを読むと
勉強のできない子の気持ちがひしひしと伝わってくる文章で
教師としての責任の重さもずっしり伝わってきます



ボクも少しだけ子ども時代を思い出しながら読みました

ボク自身は勉強はキライな子ども時代でした
すきさえあらば答えを写すことに熱心
家でも同じで、母がかくした解答場所をいかに見つけ出すかに必死になっていた子ども時代でした

おちつかずに、よく先生に怒られたりもしていました
給食を廊下で食べさせられたりして、姉にばったり出会ってしまい母にばれてしまったことも
でっかい三角定規でたたかれたのは今では笑い草です

怒られつづけはしたものの、自分をダメなやつだなぁと思うことはあまりなく
一生懸命いたずらや遊びへのあくなき追求に夢中な子でした

それは今ふりかえってみると、じじやばば、母やオヤジがいつも温かかったからだと思います
大事にされていたんだなぁって

出会いって大事なんだなぁ。

そんな先生になりたいけど、今日のお説教じゃまだまだ届かないなぁって反省


では、本分をどうぞ。




――――――――――――――――――――――――――――――
みんなが繋がるメールマガジン【てがみ・コネクション】

「人から人へつながる話」をお届けします
-------------------------------------------------------
【Letter Vol.069】 『私は「バカ」なのか否か。』 
――――――――――――――――――――――――――――――

こんにちは、中川綾です。

2月6日に、『先生の学校・特別講義』が行われました。
芦田宏直氏( http://www.ashida.info/ )をお迎えして、
「授業法と評価法」というテーマで
予定では5時間集中のはずだったものが、結果として8時間!!
の講義になりました。笑

予定より3時間もオーバーしても、
8割近くの方々が最後まで残っていらしたこの講義は、
本当に熱く、その後も余韻を残しています。

芦田先生は、「教員は一流であってこそ、子ども達を救うことができる。」
ということを8時間かけて伝えてくださいました。

その伝え方は、とても厳しく、理想的で、愛情深く、
参加者それぞれの心の中に、本当に多くの感情と問いを生んだと思ってます。

その内容については、いつか詳細をお伝えすることができるかと思いますので
それまでお待ち頂ければ幸いです。


今日は、少し私の話をさせてください。

私は、小学生の頃からずっと、いわゆる「勉強のできない子」でした。
ですから、年をとっても、
あまり自分は頭が良くはない。と思うことは多々ありました。

ただ、大人になってそういうことを言うと、
「そんな風に言うもんじゃない。」「君は馬鹿じゃない」
と言われてしまうのですが、そういうことはちょっと置いておきましょう。笑


とにかく、子どもの頃の私は、5教科が苦手で、赤点なんて当たり前。
暗記はできないし、高校生になってしまったら、どこからやり直せばいいのかも分からず、
テストも宿題も、いつもギリギリ。
同級生の友達に教えてもらいながら、最後の最後まで再試を繰り返して、
やっとこ卒業させてもらった。というタイプの子でした。

得意な科目は、体育・音楽・美術・家庭科という、
いわゆる実技科目。

なんとなく「そういう子」は想像つきますよね。笑

いつもいつもテストが苦しくて、
「中間テストと期末テストが、人生の中であと何回あるか」を数えてたりしました。笑


そういう、「自分は勉強ができない」という気持ちは、
教員になっても、30歳を過ぎても、なかなか消えませんでした。
(「あなたが教員になるなんて!」と言われたりしながら。笑)

「テストで点数をとれなくたって、それがイコール『バカ』ではない。」
「人間は、テストの点数なんかでははかれない。」

と、そんな風に心底思う反面、「それはただの言い訳なんじゃないか」と
いつまでも自信はつかぬまま、ポッカリとそこだけ抜け落ちてしまっているような、
そんな感覚を持ち続けていました。

あ、間違っても、今、自分を卑下したりしたいわけではないので、ご安心ください。
もう少しお付き合いくださいね。


「勉強ができない」という想いは、
「自分の努力不足でこうなった」という感情とほぼ同じでした。

「自分は努力をする才能がない。人ができることができない。」
そんな気持ちです。

でも、好きなことなら頑張れるし、好きなことなら結果が出せる。
(大学の成績は、ほぼオールAでした。)
そういう経験も同時にすることができたからこそ、
「多様な教育方法」だとか、「自立学習」「プロジェクト学習」「体験学習」などに
いたく興味を持ち、それらを仕事にすることになったと思っています。

だからこそ今となっては、
「勉強ができなかった」という経験も得をした、と
心底感じているわけですが、
どうしてか、「苦しさ」だけは消えないわけです。


その、「苦しさ」が消えない理由がやっとわかったのが、先日の芦田先生の一言でした。

芦田先生は、
「教員は一流でなければならない。泣いている子どもたちのために。」
と言い続けている方です。

つまり、
子どもが学校で知識を得ることができないのも、
勉強嫌いになるのも、
妙に教員(大人)の目を意識するようになるのも、
すべて、「教員のせいだ」と言います。


ええ。この論は極端だ、ということはよく分かっています。
でも、本当に極端でしょうか。

勉強が苦手で、嫌いになって、同時に自信も失い、自分を卑下するようになる。

そんな子どもに対して、
「あなたの努力が足りないからだ」
と言って責めたところで、そんなことを一番感じているのはその子じゃないでしょうか。

いえ、私はそうでした。

「自分が悪いから。」「自分が馬鹿だから。」という想い。
でも、どうあがいたって過去は変えられない苦しさ。

そんな中、
「すべては教員のせい」
と、スパッと言われた時に、気がついたんです。

ああ。「私がバカだから」じゃないんだな。って。

そして、

「それだけ教員という仕事は、重要で、覚悟が必要な仕事なんだな。」

ということにも。


私はもう、テストに追われている子どもではありません。

「なんだー。私がテストの点数がとれなかったのは先生のせいだったんだー」

と、『人のせい』にする理由はありません。


だからこそ、芦田先生の『先生のせい』という一言に、
涙が止まりませんでした。

それは、私も教員という職業に就いたからこそ。


今、私は「テスト」で「評価」することの重要性と意味を見出しています。

これからは、
子ども達のために教員が、自分の授業を振り返ることのできる「評価方法」を
真摯に学び、広めていけたらと思っています。


33歳になってやっと、「自分はバカだ。」なんて言わずに、
大人として子どもたちのためにしなければならないこと・したいこと、に
必死で取り組んでいきたいと思ってます。


生きる、って本当に、苦しくて楽しくて、愛おしいですね。


それではまた次回に。

中川綾



----------------------------------------------------------------
【中川綾】
1977年生まれ。東京都世田谷区出身。
元中高保健体育教諭。EFCの前身・NPO法人フォーコネクションの設立者。
現在は、遊びとビジネスの融合を体現する株式会社アソビジ代表・ファシリテーター。
EFCの活動を通して、「日本の教育を変えたい。新たな実践をしたい。それを伝えたい。」と
本気で頑張る現役の先生と、先生を目指す人たちを、
『具体的なアイデアと実践』で支援・促進する。
トーキングテーマトランプ「シャベリカ」、チームゲーム「オニミチ」など、
チームづくりに活かせる教材を考案。
(ご注文はこちらからどうぞ→ http://www.asobusiness.com/goods/index.html )
特技は、泳げない人も絶対に泳げるようにすること。趣味は、ハンコづくり。


どうでしたか?

Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/185-1c2273b7

Comment

とんたん | URL | 2011.02.10 00:54
いがせんさんのブログを読んで、中川さんについて思うところがあったので私のブログにも貼らせていただきました(中川さんに了解済み)
私もいがせんさんと同じ気持ちです。ありがとうございました。
Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する