★★第37番星「いいことツイッターノート」★★

さっそく、「いいことツイッターノート」を始めました



やってみて第一日目の感想は…

「いいところをさがそうとする目にスイッチが入る」感覚ですね
ストロークを数でどんどん押していくよりも、こうやって記録が残ることに価値がありそうです

授業中でも、休み時間でも気づいたいいところ、子どもに声をかけたいいところをすぐにメモるようにしました
一日で見開き1Pぐらいは書ける感じ

子どもたちが気軽に見られるように、先生の机の上に開いたノートとペンのみにしました
おかげで机の上がさらにキレイに

子どもも何人か書きこんでみたり、休み時間中、いろいろのぞきに来ました

高学年になると、休み時間もばたばたしていて忙しいので、授業中でものぞいていいことにするといいのかも
ツールをクラスの中で仕組み化するには「時間を確保」することが必須かもしれませんね

朝のサークルででも、昨日のふりかえりでちょっとフィードバックするのも一日のスタートがいいかんじ


子ども同士の交流の場にするにはもうちょっと工夫が必要かもしれませんが
先生が子どものいいところをみるための記録ノートという視点はとても有効

少し改良していけば、家庭教育の強力なツールになりそう
可能性にわくわくするねぇ。


みなさんもやってみた様子をどんどんおしえて。



ねますぅzzzzzz

Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/183-8985f049

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する