スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★★先生の放課後「大人ホワイトボードミーティング合宿研修」★★

狭山市にせいこさん(ちょんせいこさん http://blog.goo.ne.jp/apuromatsubara/)をお招きして、2回目の研修会をしました。
今回は、若楽停(やんらくてい)のメンバーなべっち、ぎょ、けんじ、りえこ、しゅうちゃん(お大事に)が中心となってブッキングしてくれました。
色々おつかれさまでした。
お弁当、せいこさんの分をまちがって食べてしまい、ごめんなさい。
けんじがちょんさんは、魚しか食べないっていってたから…。

ボクは、せいこさんとゴリがみょうに意気投合して(ぼくはあやしいと思っているんだが)、せいこさんの提唱するホワイトボードミーティングの子ども版の実践を教室で子どもたちと深めています。

話し合いを可視化することで参加のハードルが下がり、安心安全の場で対話ができること。
子どもたちにファシリテーターのスキルを身につけ
学年が上がっても活用していける子になってほしいなぁ
そんなことが実現するかも!?ってとっても魅力的な取り組みです

さて、今回は2回目とあって、自分に落ちていたことや
実践をしているからこその気づきがたくさんありました。

ここには、「教室でちょっとやってみよう!」と思ったことを挙げてみます。

・自分の自己紹介のストーリーをつくる
・ボクが伝えたいことを、体験的につたわる工夫をする
・動線の視覚化をもっと丁寧にする

・WBMグッズに番号をふっておくこと
・WBに書いていいか迷ったら、相手にきいて確認してみる
・時間になったら授業をはじめ、時間でかならず終わる。信頼がたまると時間にはじまるようになるから

・全体の見通しを全体で共有しておくこと(例:1学期の全単元、各単元、行事計画、1週間の連絡など)
・子どもの書いた情報をいつでも可視化できるようにデジカメプリントするため
無線プリンターを買って作業の手間を省く
・第3階層まで話を「オープンクエスチョン」で深めていく。

・WBMで掃除の振り返り、各ポイント10点満点で100点中何点?
・日誌の項目「○○さん・くんっていい~だよね」で書いてみる
・WBを子どもたちが掲示板としてもっと活用できそうな場所に設置。

・保護者会でも「オープンクエスチョン」をやってみる。
・子どもたちのリレープレゼン
・読んでいる人が一番知りたいことをのこせるような学級通信にする
・トラブルの際には、選択しを示す

・ケンカの程度を実際に先生の手をたたかせて見せたりして共有できるようにする
・クリスマス会の準備を「発散→収束→活用」で話し合っていく
・3学期の各自の探求テーマを設定する

・じゃんけんアクティビティの数々。(KAIが教えてくれたウエスタンチャレンジはお勧め)

うーん。おもしろそうだぁ。


実際に今日やってみたこと。
・週始めのアイスブレイクでペアトーク3回シャッフルし、「アクティビティのエグザイル」
 廊下で列になってやるほど盛り上がり、大爆笑。
・ケンカの話し合いに手をたたかせてみてどのくらいか確認。思いのほか双方の受け止め方がちがっていた。最後に選択肢をしめしてみた。いつもよりもスピーディーに解決できた。
・国語のプロジェクト学習では、1時間にやる作業の流れはだいたいきまっているので、毎時間授業の流れの模造紙をつくった。
・ふりかえり日誌に「掟」を貼って日誌のルールを見える化してみた。
・学級通信に子ども記事をのせてみた。
・良好なコミュニケーションを意識してきづこうと、人の話をうなずいて、「どうしたらこの人の心の体力があたたまるのかなぁ」と言葉をかけてみた。
・四隅をそろえてプリントを配布(笑)

うーん、できることはたくさんあるぞう。

もう一度、ちゃんとよまないとなぁこのテキスト本。

献本ありがとうございました。



3学期はせいこさんをお招きして、職員研修をやりたいなぁ。
できるといいなぁ。

とっても楽しかった2日間でした。
やっぱり、学びは教育分野の中だけで閉じてはいけないなぁ。

Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/177-595f14ee

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。