★★257冊目★★ 『ワールドカフェをしよう!』【再読】



20100708 015


オススメ度:★★★★★ もう一度読みたい度:★★★★★ 読みやすさ:★★★★☆
TODOリスト:ワールドカフェの背景を知る読書を勧めよう!

ひさびさの書評ブログです。
もう、しないと思っていたのですが
近頃、会議やグループでの話合いが多くなってきましたので、もう一度この本を読み直してみました。

すると、これがいい!
すごくいい!
すなにが良いかというと、これから求められている「学びの姿」がワールドカフェにはあります。
しかも、このような「学び」がこれからの世の中にどう位置づけられているのかが分かりやすく説かれていました。
うーん、以前読んだときには、ワールドカフェのやり方しか見えなかったけど、その間の経験によって読書って、読めることが違ってくるのですね。

さて、これからの「学びの姿」を簡単にまとめると
①コントロール型から色んな人とのコラボレーション型へと転換していくこと
②相互依存の世の中になっていくので、もっと多くの視野で考え、ものごとをみること
③教えることから学ぶことへ変わっていき、知識をどう共有していくかがカギなこと
④今までの指示や命令から、ダイアローグ(対話)によって組織が運営される、マネージメントモデルの転換
⑤参加者の立場や見解を越えて、コミュニケーションすること
⑥ひとりひとりのつぶやきを大切にすること
⑦問題解決には、利害関係者全てが集って対話すること
⑧これからは、多様性が新しい発想を生み出すブレイクスルーとなる
⑨力の指導から、いかに合意形成をしていくかが対話のカギ
⑩ひととの共通点をみつけることの重要性
⑪トップダウン式でも、ボトムアップ式でもなく、ホールスケールチェンジの発想

つまり教室の中で言うと
教育者→学習者という、関係性から脱して、知識は共有し、共創していく授業転換が必要。

巻末の参考文献もとても参考になりました。
オープンスペーステクノロジー
フューチャーサー
アプリシエイティブ インクワイアリ
などなど、またまた学びたいことがたくさんでてきました。

ワールドカフェ、色々やってみて、途中で振り返る意味での再読
とっても価値がありました。

Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/143-aca9cd4d

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する