学級日誌9日目「自主学習はじめ!」

1回目の授業参観では「勉強の勉強」をしました。
「勉強好きですか?」
心の表示板(自分の考えを割合で示すカード)をつかって、示しました。
我がクラスは比較的、勉強が好きな子が多い結果となりました。
4年生とあればまだまだ勉強に対して興味関心が強い学年です。

次に、「宿題がないと嬉しい?」と尋ねると
勉強好きだった子供も喜んで「嬉しい」を示していました。
この前はやっぱり子供らしいなあと思います。

途中、お母さんがたにも協力してもらい、同じように手を挙げてもらいました。
子どもたちの目をきらきらさせ、自分の母親にアンケートにもいきました。
笑いがあり、温かい雰囲気にこの先1年間とても楽しみなとなりました気持ち。

しかし、「なんで勉強するの?」の質問には子どもたちは、まだまだ美辞麗句が見え隠れしていました。
「自分のため」
「大人になって困らないため」
「夢をなえるため」
どの子もいいこと言っていましたが、まだまだ本音ではなさそうでした
というよりは、勉強することの価値や面白さに「実感」がないようで、言葉遊びになりそうな感じもありました
そこで、あの手この手で子供達を揺さぶりながら、
「勉強はあんまりしたくはないけれども、努力して勉強することで、人生が豊かになる」ことをつたえていきました。
つまり、受け身の勉強から主体的な勉強です。

このころになると子どもたちはガッツポーズをしながら、自主的に勉強することの楽しさを感じてくれているようでした。
そこで新しいノートを1冊配り、自分なりの「学び方」を勉強する自主学習が始まりました。
2年前に取り組んだある女の子の自主学習を紹介し、
あまりの厚さに「国語辞典みたい」とつぶやくほどでした。

毎日こつこつ努力を続ければ必ず心も強くなり学ぶことへの価値が分かってきます。
必ず挫折があります。
でも、必ず乗り越えられる力も子ども達は持っています。
毎日続けることに、覚悟をもってがんばっていきましょう
私は、このノートで子ども達と赤ペンでのかかわり、子どもとの関係も作っていく、
学級経営の一つの柱です。
私自身も子供達の熱意に負けないよう努力していきます。

1年後どんな成果が出しているか楽しみですね。
そして子供達と一緒に、「自主学習の教科書」を作れることを楽しみにしています。

Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/13-2b0c2b46

Comment

昭和の香り | URL | 2009.06.28 01:42
お疲れ様です。お忙しい中ブログまでおやりになり大変ですね。毎日とはいきませんが、定期的に拝見させて頂きます。頑張って下さい。
Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する