新しい出会い


先週の金曜日、今度立ち上げるNPOの打ち合わせで
千葉大学大学院の教授上杉先生と打ち合わせを、アキラの「している株式会社」でしました。
アキラとあやがエレベーターにとじこめられてしまうといった、「おもしろ」事件もありましたが、KAIとKUNIと無事合流し、今までの経緯や、文科省の熟議、学校のつくりかたなど、多岐にわたって話合いました。

上杉先生は「~メソッド」「~式」といった教育の方法論に疑問をもっていました。
ボクも同じく、その教育の根底に流れている「コンセプト・理念」が大事だと思います。
さらに、学びは子供同士の関係性を生かし合いながら、自立へと育てていく。
全く同感でした。

大学院大学の話や、ミネソタのPBL(プロジェクトベース学習)
http://pbl-japan.com/の話など、終電近くまで話合いました。

上杉先生も理事になっていただけること、承認していただけました。
これで、ファシリテーター、若手議員、教授、教師などなど色んな人たちがつながり始めました。
それぞれの分野を破って、コラボレーションすることで、新しい教育を提案できそうになってきました。

ボクも現場の実践、子どもたちとの関係を大切にしながら、「だれにでもできる、一般化できるコンセプトある教育」の実践を深めていきたいと思いを新たにしました。

上杉先生とお話ししながら、どうも昔読んだことのある話が節々にでているなぁ
と思い家に帰って本棚を開いてみると
ありました!




この著者だったんだぁ。
これは、PBLの具体的な展開もおもしろいのですが、学び方について深く哲学していて
とってもおもしろかったので、本棚にキープされているものでした。

今読んでいる本にこんな本があります。


色んな人たちとつながることで、新しい価値を生み出すことができるそうです。
うん。
実感しています!

Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/126-e1a26b8a

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する