★★12番星「こんな先生になってほしい」」

先週の学級通信から抜粋

先週はボクから「こんな子に育ってほしい」教育理念を伝えました。
今度は、キミたちから「どんな先生になってほしいか」アンケートをとりました。
やっぱり、みんないろんな願いをもっているんだね。
こういう機会をこれからも大切にしていきたいと思いました。
少しだけだけど、紹介します。

★★★

見守ってくれる。時には自分にも生徒にきびしく、ときには自分にも生徒にもやさしい先生。色んなことを気にしてくれる先生。

立ち止まっている人を「前むきに走れ!」とはげましてくれる先生がいいです。がんばってください。

私は今のままでもいいと思います。でも、たくさんチームワークトレーニングをやりたいです。あと、やりたいことは、採用されて、授業も楽しい先生がいいともいます。

私は、そのまんまでいいと思っています。先生は、私たちの成長を見てもらいたいです。1学期から3学期までどのぐらい成長してゆく姿をみてください。あと、みんなのチームワークも!

イガ先のそのままがいいです。イガ先のそのままで自信を持って勉強をおしえてください。おもしろく勉強がたのしめるからです。自分でいいところをだせばいいです。

おもしろく、みんなを笑わせる先生で、そのこと以外はいまのイガせんでいいと思う。

みんなをまとめてくれる先生になってほしい。おもしろくってりりしい先生になってほしいと思っています。
ぜも、ぜったいむりっぽいと思います。

やさしくて、おもしろくて、みんなが大好きになるイガせんになってほしい。

ぼくたちみんなこのクラスでいじめのないクラスを作って、6年生になったらこのクラスにいた人がいじめのないクラスがつくれるように、育ててくれ、次、先生が担任するクラスにも教えるイガ先。

わたしは、けんかとかしたら、きびしくおこったり、みんなで仲良く遊んでいるときはおもしろいことを言ったりして優しい先生でいてほしいです。

私たちと同じ目線であってほしい。(子どもなのにちょっといばりすぎかな?私?)私たちのしっぱいをわらってくれる。私はあんまりイガせんのことをよく知らないけど、イガ先の願いはわかったので、私もイガせんの願いにこたえたいです。

★★★★

みんなありがとう。
みんなの願いは僕にとってもなりたい先生でもあり、自然な姿。
中には、ちょっと無理そうなのもあるけれど。
少しずつ成長していく、ボクたちでいきましょう。
一番大切にしたいこと。アンケートにもあったけれど「いじめ」のないクラス。
やっぱり、人があつまると、仲が良くなったり、うまく気の合わない人がでてきます。
これは、どんな集団でも一緒。大人の会社でも、部活でも、もちろん教室にいても。
でもね、そんな気の合わない人たちをいじめたり、排除したりするんじゃなくて、折り合いをつけながら仲良くつきあう、そうことを学んでいってほしい。
「みんなちがってみんないい」を本当に大切にするってことは、ひとりひとりの個性やユニークさを認めること。
受け入れること。
だから、このいじめだけはボクは絶対に許さない。
いじめにつながることって、日常の小さな言葉かけや心ない遊び。
それをみんなで気づいて、たくさん話あっていきたい。

ボクは、教室でこういう願いはあまり口に出して話したりはしないと思っている。
それは、君たちに「気づいてほしい」から。
だから、この学級通信を読むことで
「やっぱり、イガせんの言いたかったことやあの場所で体験したことは、こういう事だったんだなぁ」って
復習の意味で感じてもらえると嬉しいです。

ボクは、君たちと一緒にいるライブな体験を大切にしたいから。

Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/124-964653bd

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する