スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★★第5番星「教室リフォーム「宇宙船づくり」」


TV番組の「大改造!劇的ビフォーアフター」という番組を知っていますか。
ボクはあの番組がとっても好き。
自分たち家族が住んでいる大切な家を、もう一度新しく願いを込めて作り直す。
思い出いっぱいの家だからこそ、大切にしたい気持ちがとっても伝わってきます。

だから、ボクたちの教室もそんな空間にしたい。
思い出いっぱいにしたいし、クラスが家族となってほしい。
だって、家で生活するよりもボクたちはいつも一緒にいるんだからね。

さて、今年のぼくたちの教室はメタファー(比喩)をつかいます。
ボクたちの教室は「宇宙船」。
つまり、この教室に乗って、未知なる宇宙へ旅立って大冒険をしてくるのです。
途中、いろんなアクシデントもあるかと思います。
宇宙人と会って、友達になるかも(笑)。
故障することもあるかも。
でも、仲間で協力したり、助け合ったりして、乗り越えて行ける。
そんな願いをこめています。
さぁ、旅立ちましょう!・・・・っとその前に、「宇宙船は?」というわけで、教室づくりから始まりました。
「ボクたちが学びやすく、すごしやすい教室にしよう」を合言葉に
「司令部(教室の道具配備指示)」「船外活動班(荷物運び)」「船内活動班(教室の道具配備)」に分かれて
作業開始しました。
もちろん、宇宙船とはまだまだ遠いですが、少しずつ自分たちの手で教室をつくっていきたいです。

「オーナーシップ」という言葉は知っていますか?
オーナーシップとは「当事者意識」のこと。
つまり、ものごとの主役ってこと。
ボクは、君たちに教室の主役になってほしい。
だから、教室も一緒にリフォームするし、なんでも相談しようと思っている。
下駄箱だって、机だって、ロッカーだって、ものかけだって、「先生が決める」ことをしなかったのは
そんな願いがあったんだ。
だって、自分のことなのに、ほかの人に決められてしまうって「オーナーシップ」がなくなってしまうことでしょ。
だから、クラスの一人一人がオーナーシップを大切にしていけば、教室から床に落ちているゴミもなくなるし、学校も大切にするし、そこにいる仲間や勉強だって大切にできるはず。
そんな「宇宙船」に今日は一歩近づいたね。どんどん一緒につくりあげていこう。

みんなの日誌から

『3時間目は宇宙船づくりで教室リフォーム大計画をやって、いっぱい物を整理したり物をおいたり、指示する人を決めてリフォームをした。けっこうすすんだ!リフォームもけっこう楽しいです!』

『今日の楽しかったことは宇宙船づくりが楽しかったです。5年生の終わりの時は、どうなっているのかな?すごく楽しみです。1年間がんばります。クルーネームを覚えるのが大変だったけど、なんとか覚えられることができました。よかったで~す!この1年間、いろんな子とをがんばりたいです。』

『宇宙船づくりが今日の中で一番たのしかったです.私は物を運ぶ係でしたがみんなと協力してできる5の2の宇宙船がどう完成するか楽しみです!』

『宇宙船づくりで、みんなのことが少し分かった気がしました。ひとつは、みんな優しいということです。みんな「大丈夫?」や「持とうか?」など言ってくれて良かった。月曜日もみんなでがんばるからね。先生とは2度目だけど今年は去年よりも~っとがんばって充実した1年を過ごして3勝つにはどうなってるか?まぁとにかくがんばるので見守っていてください。』

期待やワクワクをいっぱいつめて、ボクたちはもう、出発している!
いこう!

でもどこへ?

それが、学級目標にヒントがあるはず。

Trackback

Trackback URL
http://igasen.blog22.fc2.com/tb.php/116-b1c36808

Comment

Comment Form
公開設定

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。