FC2ブログ

イガせん学級冒険日誌

Archive

2018年05月 1/4

理想にひっぱられると、あるがままの子どもがみえにくくなる

No image

 ここにきて子ども達の様子がぐっと落ち着きをみせ、相手を大切にして聴く、伝える、受け止める、という場面がふえてきて、ほっと一安心。振り返ってみると、ここまでちょっと二の足を踏んでいた感じがします。たぶん、オイラの中にある「昨年度修了時の3年生」のイメージに引っ張られていたんだろうな、と思う。そうだよね。まだちょっと前まで2年生だった子たち相手に、いつのまにかこっちは勝手な期待値をもっていて、じっく...

  •  0
  •  -