2拍手 教え子の訪問

今日は教え子が教室へ見学にきてくれました

私にとっては教職初めての卒業生で思入れも強かった頃の教え子です
先日、「教職の道へいくかいろいろ迷っている」とのメールもらいました
その彼が進路に迷っている話を聞くと何か協力したいとの思いがふつふつとわき出して、「それなら」ということで、学校現場へ見学にきてもらうこととなりました
(今年度、まだ異動したてもあり、教室の見学をお断りしている方々にはすみません)

まだスーツなどは持っていないようで、それでもちゃんと学生服をよそ行きに着こなした落ち着いた服装、差し入れのお茶菓子までとしっかりものです
校長先生も快く受け入れてくれ、いろいろアドバイスをしてくださり、今後、ボランティアで定期的に現場を見においでとも言ってくれました

教室を朝から観てもらい、子どもたちの人懐っこい様子に「小学校っていいなぁ」となんどもつぶやいていました
子どもたちとも、休み時間にはいっしょにバスケをしてなじんでいました

朝のサークル対話
自己紹介、質問(パス1回まで)、健康観察、今日の連絡、PAのアクティビティ「パタパタ」で笑ってスタート
子どもたちってどうして「彼女はいますか?」って聞くんですかね
しかも男子が…

1時間目は「国語」
辞書引き、漢字テスト、学級通信読聞かせ、ペアトーク、音読タンデム、グループ読書の読み合わせ、かなり構成的に教科書を使った授業

2時間目は「書写」の出授業
彼と校長先生と校長室で対話

3時間目は算数「体積」
「テストに向けてもやもや分かりを見つけよう」を課題
私の自作プリント(教科書の復習問題)、教科書の練習問題、アイテム(筑波付属小のドリル)をそれぞれのペースで学び合っていました

そして、保護者との引き取り訓練でふりかえり日誌を書きながら流れ解散
かなり慌ただしい半日でしたが、ゆったりとゆるい?教室の感じをいっしょに味わってもらいました

彼の感想に
「子どもたちがとてものびのびやれているなと感じました」
「自分が今生徒だったらすごいやりがいがあり、とても楽しいだろうなと感じました」
「先生の授業をうけてみて、あぁ、6年生のときはこんな感じだったなぁととても懐かしかったです」

私にとってはこの「6年生のときはこんな感じだったなぁ」というところが嬉しい評価です
当時の6年生の頃と比べ、今やっていることはまったく違っているのに流れているあり方である「雰囲気」が同じだった事、いい意味でかわっていなかったんだなと

その後、食事をしながらこれからの話をいろいろ二人で話をしました
そしてもちろん6年生だった頃の事
残念ながら授業のことはお互いあんまり思い出せないのですが、屋上でスイカ割りをしたこと、バスケ大会での勝利(相手は全国大会出場のミニバスチームだからよけい燃えていました)、もちろんいろんなバカ話や今だからはなせる時効の話もありました

IMG_1994.jpg


そして最後に彼を送り、当時、子どもたちといっしょに彼の家に埋めたタイムカプセルをみせてくれました
この立て札はお墓ではありません(苦笑)

これを埋めたときに、20歳になったら、1月2日に集合しようと再会を約束しました
(正月で実家へ帰省しゆったりし、次の日に仲間と会おうとうことで)
また、それぞれいろんな思い出のものをタイムカプセルに埋めた事を覚えています
もちろん私は日本酒(笑)
きっと古酒になっていることでしょう
それを成人になって飲もうという事で(果たして飲めるのでしょうか)

同窓会実行委員も2人決めていました(忘れていましたが)
彼はその同窓会実行委員、もう一人の実行委員とやりとりして準備が始まろうとしているようです
最近はSNSがあるので結構連絡がとれるそうです
あと2年後、再会するのが楽しみです



今週の1週間は土曜日までの出勤
家庭訪問や新体力テスト、出張などなど慌ただしく、あっという間にすぎました
終わってみて、少し疲れていたなと実感
それでも教え子とこんな再会があると、元気をもらえるものです
将来ある教育現場の仕事ってすばらしいものだと再認識
今日は、おいしいお酒が飲めそうです




news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する