ナニモシナイから、変わったんだよね

 

今年は3年生の担任。もう、担任させてもらえるだけで、どこでもいい。ほんと、かわいくて、いうこときかなくて笑、トカゲばかりつかまえてきて、授業中に筆箱の中から脱走させたり、でもね、机の上にそっとタンポポをおいといてくれたりと、毎日が楽しいんだよね。

この1ヶ月、新年度だから、これは!ということは、なにもしていない。サークルベンチもないし、自学ノートもまだ。作家の時間も、数学者の時間も、クラス目標さえも。(ちなみに、昨年度はクラス目標をつくらずに、授業ビーイングづくりに)。学級通信もまだ2回だし。

今年は、とくに子どもたちにとって、目の引くことを極力おさえてスタートしてみた。

そのぶん、あたりまえのことをたんたんとつみ上げてきた。それは、学ぶことを楽しむこと。今日、ここにきて、ひとつすっとクラスの雰囲気が上昇した感じがあった。

算数は1単元目のまとめ。少しずつ「自分で学ぶ!」をすすめてきて、今日は「終わってる子は、もう予習をやっちゃおう!」ってことに。単元を開放してみたら、この時間だけでも、次単元「時間と時刻」がおわってしまったがほとんどだった。おしおし。ここから、問題作りにすすめるぞ。これが少しずつ数学者の時間へつながっていくんだよね。

やっぱり、子ども達にとって、大きく変わったり「今年は新鮮~!」といよりも、知っていることをや慣れていることから、少しずつずらしていく方がいいんだろうと思う。逆に言うと、「しつけとしての学び」さえもケンカしないで利用できちゃうし。このへんは、「既知を引き出す(Brain Based Learningより)」って授業の最初に意識しているところから、つながってきたこと。

年度の初めに、大きく変えたり、目の引く実践で、子ども達、保護者達をひきこむよりも、ちゃくちゃくと学びで力をつけていくこと。スタントプレーよりも、4月の終わりにひとつ突破できることが一つわかったよ。これまでの自分、やや残念だ…。


IMG 2826


初夏の風の中。町探検に出発。今年は、学年でカリキュラムマネジメントの練習。社会と総合的な学習の時間と国語をつなげて、「地域の仕事、人とつながる地図作り」に向け、探究的統合カリキュラムを作成中。

今日は、町に探検に行ってきた。コンパスと地図をもって「右に行く?左に行くの?」と。オイラは安全管理と勝手な独り言ぐらい。言われるがままに、町を予定の探索ルートをウロウロ。

途中、公園をみつけてしまい、予定を延ばして、遊ぶ。遊ぶ。遊ぶ。こういう時間って、いいなと思う。ノートを地面にほっぽりなげて。風でとんでくし笑。教室で閉じこもって勉強だけでなく、探検しながらダイナミックに学んでいってほしい。ここで遊んじゃおう!って覚悟ができたオイラもよかった。学びにだけいかずに…。

この公園のここには、トカゲがいる!と早速捕まえてくれ、見せてくれる。その横で、何人のれるか!と遊具に人が群がっている。「この木、登ってていい?」とすでに登ってるし。

ますます、楽しくなってきたぞ。

さて、わくわくするほうへ。これまでのこびりついたものをすてすて、それでも自分らしく進んでいこうっと。


学生時代いっさい文章を書かなかったオイラが、書けるようになった秘密にしておきたい「文章を書けるようになる」ための3冊+1冊

学生時代いっさい文章を書かなかったオイラが、書けるようになった秘密にしておきたい「文章を書けるようになる」ための3冊+1冊

児童心理の原稿を、先ほどようやっと入稿できました。
思い返せば、小学校から高校生まで、一切作文は書いたことがなかったんだよね。ホントのことをいうと「母ちゃんゴーストライター」がそれはもう立派に文章を仕上げてくれていたから。でも、立派に仕上げてくれればくれるほど、自分でそれ以上のものを書けるとは思えず、ますます書けなくなっていく。だから、オイラは、書けない人の気持ちはとってもよくわかる。そもそも、そういう人は、本を好んで読もうとしない。マンガが好きなはず。図星だな。だって、オイラがそうだったから。
だから、とっても読みやすくて、書くための一歩を踏み出してくれる、ためになる本を選書してみた。書くことが苦手!いやだー!でも、ちょっと書きたい!っておもえる、そんな人たちにだけ、ぜひ、こっそりと読んでほしいおすすめの3冊+1冊を紹介しちゃいます。

1 伝わる・揺さぶる!文章を書く



この本にであったときは、もう武者震いがしましたよ。旅行帰りの飛行機の中で。ていねいに、メモをトリトリじっくり読みこんでしまった本。
1 一番言いたい意見は?
2 この文章のゴールは? 
3 論点(問い)は?
4 読者は?
5 自分の立場は?
6 納得できる根拠は?
7 根本思想は?

書くことは、論点(問い)がつくること。んもうどれもこれも、みんないいんだけれども、なによりも、「根本思想」で自分自身を顧みるところがサイコー。とにかく、自分であるために、りんと向かい合うくだりは、何度も読み直してしまい、勇気をもらう。書くことって、結局は自分自身を言葉にしていくことだとわかった本。山田ズーニーさん、それ以来ファンになってしまいました。


2 入門 考える技術・書く技術



とってもロジカルでわかりやすい本。この本は、特にOPQ分析がよかった。
O:object 望ましいゴール
P:problem 現実とのギャップ
Q:question 読み手の疑問

このフォーマットで、読み手のニーズを代弁し、主張に興味を持ってもらえてしまう。だいたいの文章の冒頭を書けてしまうばかりではなく、プレゼン資料もこれでいけちゃう優れもの。入門編じゃないすっごい詳しいほうもあるけれど、初心者のオイラには入門編でぜんぜんOKだった本。


3 20歳の自分に受けさせたい文章講義



一気に読めてしまうほど読みやすく、ほんとに二十歳のとき読みたかったと思えた本(北斗の拳ばかりではなく…)。読者のイスに座るとは(読み手になって文章を読み直す)どういうことなのか?めんどくさい細部だからこそ、描写するその価値。文体のリズムの作り方。んもう、2歳で読みたかったよね。

おまけの1冊 日本語の作文技術
「書くためにおすすめの本は?」と編集者の方たちにきくと、もれなく必ずこの本が返ってきます。それほど、書く技術に特化された本。んが!読みにくいのが玉にきず。それさえ、克服しちゃえば、句読点の打ち方や、修飾被修飾の関係まで、ほんと細かい技術をちゃんとおさえられちゃいます。まぁ、まだオイラはできていませんが。

先生という仕事につくと「書く」ことがいつのまにか増えてきて、最近では、2冊平行して原稿を書き始めているほどにまで、オイラは変わることができてきた。まだまだ文章は決して、うまくはないけれど、書くことアレルギーからだいぶ克服することができたのはこういった本との出会いのおかげ。

ようやくわかってきたよ。書けなかったのは、ゴーストライターがいたからじゃ無いんだよね。ただたんに「考えていない」し、「考えるコツ」がそいもそもわかんなかったんだだよ。

尊敬する編集者の方がいってたのが、よい文章をかくには、
「本を読み、そして、自分をえぐれ!」だって。
そんな文章を書けるように、日々、綴っていこうと思う。


書くことは考えること

添付してあるPDFは、オイラが文章を書くときに、参考にしているこの3冊のポイントマップ。参考にどうぞ。

先生やってて「しあわせだー」ってこと

 

ハンター役をおおせつかる。

卒業式で着ていたスーツはクリーニング中。ということなので、サングラスと花粉対策マスクと半袖。春の風の中、1時間、徹底的に校庭全部使って「逃走中」。オイラは、全力疾走でつかまえるつかまえる。

まだまだ奴らには負けやしない。最近の捕まえ方のコダワリ。すぐにタッチせずに、いつまでも追っかけ続け、相手があきらめたところをしとめる!おかげで、サングラスはマスクから漏れる息で真っ白。そして両肩で息をするほどかなりしんどい笑。でも、それが職人としてのコダワリ。

その姿を、他の学年の子たちが、怪訝そうな目で見ている。しかし、これももう風物詩なので、今日は、何人もが手をふってくれていた。

 

一方、室内プログラムは、くじ引きメンバーでのグループ出し物大会。劇あり、クイズミリオネアあり、怪談話ありですげーおもしろかった。でも、これが実は、メインじゃ無くてね。

そして、お楽しみ会からのドッキリしかけがはじまる。ここで沖縄に転校してしまう子がいる。秘密の会議で決まったこと。

まず、先生が宿題おわっていない二人を怒り狂う。そして、教室から追い出してしまう。しばらくして、みんなには、このクラスで優しい子が迎えに行ってほしいと頼む(自分で追い出しておいてるのに、やや矛盾も感じるがそういう設定なのでしかたなし)。そして、もちろん、みんなから信頼あついその子が選ばれる。教室にかえってきたら、てってれー♪と。

ドッキリ、大成功でした。アーチを作って、みんなで祝福。

親友の子が内緒で、メッセージカードを作ってくれてたのをプレゼント。集めるのにも苦労して一悶着あったんだけど、それは内緒の話。

沖縄少女はステージに立たされ、野球少年からの最後の告白タイム。こっちはもう、みていてどきどき。みんなは大盛り上がり。4年生ってオオカミだぜ。おいおい、のせられすぎじゃないか?と先生らしいことを言ってみたものの、野球少年は鼻息フムフムしながら、まんざらでもない様子で拳を握りしめる。

転校しても大好きです!!!ニカーっと笑顔。

いやー、もう、こっちがはずかしい。でも、なんかいい。ほんといい。ほんと、しあわせ。あぁ、この場に一緒にいられて、みんなでそれを共有できるって。

そして、卒業式で歌った「明日へつなぐもの」を輪になって歌っちゃう。いつの間にか、肩くんで、笑って、歌って。(ちなみに、肩を組んで歌ってしまうと、ちょうど真ん中で右にも左にも動けない子が生まれてしまう)でもね、最後の歌詞にきたら、ぐっと胸がしめつけられちゃう。

この歌すきになっちゃったよ。そして、また最後のメロディーがいいんだよね。かけ合いになって、最後の

「ありがとう君のすべて♪」

には、ほんとにその子をおもいこめて、みんなが前のめりで歌っていた。あぁ、卒業式練習ってムダじゃ無いんだよね。こういうところにつながってくるんだなぁ。

その沖縄少女は、みんなから好かれている。本当に、愛されている。たくさん、たくさん、優しさをもって関わってくれたから。ほんと、算数なんかオイラより、カンファランスが上手。だって、ぜんぜんやらなかった少年たちが、その子がそばに来てくれたら、チャキーンとはじめちゃう。

それだからこそ、切なくなるんだよね。

 

10歳のとき、こうやって肩を組んで歌って涙して。わすれないよなぁ。こういう純粋な感動にふれられるとき、先生やっていて、ほんと、よかったって思うよ。

にしても、ここのところ毎年のように涙を流し記録更新中。家で妻に「今日は、ちょっと切なくて涙したんだよね」っていうと、「今年も、しめっぽいクラスだな」と例年のごとくいわれてしまう。

しめっぽくてもいいのさ。気持ちのままにいきていくのさ。じめじめしたって、いいじゃない、10歳だもの。

 

学ぶとか、力をつける、とかそういうことにずっと、注力してきた1年間が終わる。だからこそ、こういう純粋な感動って、なおさら、心に響くなあ。人ってさ、決して勉強だけじゃ無くて、いろんな体験をかさねて、やっぱり成長していくんだよね。行事って、子どもを大きく、成長させてくれるきっかけをくれるんだな。

先生やってて、ほんとよかったって思えた一日でした。

さ、明日はみんなで、教室空っぽ大作戦。来たときと同じように、なんにもない教室にして解散。


IMG 2350

どうしたらわかってもらえるのかな。本当によりそうこと、この子から学んだんだよね。このビーイングカレンダーで4日が一番心に響くんだな。

「残りの教員生活、有意義にお過ごしください」といわれたよ 苦笑

3年生で担任した子たちが、さっそうと卒業していった。オイラは、年度が変わると、いつまでもつながっているってことはほとんどしない。「イガ先さよならー、楽しかったねー」と、子どもたちもけっこう、あっさりしている。それでいいんじゃないだろうか。

でも、たまに、イガせん文庫の本を借りに、わざわざやってくる。オイラは、そんな子たちと、たまにおしゃべりするぐらい。

そして、その本をよく借りにきていた子が卒業した。

 

いよいよお別れ。門出式のときに、その子から袋をいきなり渡された。というか、卒業生は、花道を止まる間もなく練り歩く。そのためか、瞬間、押しつけられたみたいなもんだった。

その袋の中には、クラスで飼っているダッフィー人形のために、縫ってくれたパンツと靴下二つと手紙が入っていた。

以前、ダッフィーのパンツがこわれちゃったので、直しれくれるって、数年前に持って行ったきりのこと。覚えてくれていたんだなぁ。

手紙には、「残りの教員生活、有意義にお過ごしください。4年間、たくさんの本ありがとうございました」とまぁ、淡々と書かれていたし 笑。その子らしい。

その子は、3年生の頃から、よく本をよんでいた。「イガせん、おすすめの本はない?」と3学期には「ダレンシャン」から、「デモナータ」を読破していた。

たぶん、この4年間で、1000冊は読んだんじゃないかな。これまでのイガせん文庫の一番の読者じゃないだろうか。

もちろん、手紙の表紙には、「獣の奏者」「指輪物語」。うん。わるくないチョイスだ。

 

オイラは小学生のころ、まったくといって本を読まなかったので、本の持つ面白さはしらなかった。近所の表札を変えてみたり、火遊びしたり、いたずらしたり、いたずらしたり、いたずらしたりと忙しかったから。

でも、子どもの頃でなければ、読めない本があるはず。オイラは、その大きな出会いをうしなってしまったけど、その子は豊かな時間を過ごしたんだな。

そんないろんな本との出会いをのこせたことがうれしい。きっと、これからも、本を読み進めていくんでしょう。

 

卒業式。みんな感動してうれしそう。なんだか、卒業学年でないと、ちょっと取り残された気分もあったけど、こうやって、ちょっとでものこせるものができたって、ありがたいことだなぁ。

その学年は、座ってられずに学校中うろうろしていた子、ツバばっかはいていた子、ハラたてて得点板もとにもどす子などなどなど。あぁ、いろんな子がいておもしろかった子たち。さっそうとちょっと大人びた顔して卒業していった。人って成長するんだな。

 

さて、明日は、クラスのお楽しみ会3時間。転校生のために実はお別れ会だったりするんだよね。たいした手伝いはしていないけど、クラスの子たちは、いろいろと準備してきた様子。また、あのPA式じゃんけん列車20分間地獄でナチュラル・ハイになるのかしらん。

 

 

余談だけど、本をびっくりするほど読む子に共通しているのは、「TVがない」ってこと。



IMG 2516

いよいよ自学ノートを一冊に。今年はドリルノートを併用したので、冊数はそれほど多くは無いけれど、いろいろ取材をうけたりと、内容はすっごい充実していた一年間。目に見えると、また大きな成果だなぁ。

1冊の絵本づくりで世界とつながる英語の時間 

 

イタリア在住のペドロくん(小1)のために、クラスでは英語の絵本をつくりました。その名も『チャーキーくん日本旅行』!

Scannable の文書 8  H29 03 13 8 53 11


あらすじは、日本へ家族旅行にやってくるチャーキーくん。文化の違いで靴のまま旅館にあがってしまったりと、ドタバタ苦労。最後は夢落ちで、「おきなさーい、これから日本に行きますよー」ってお話。いい話だよね。

 

絵本のシナリオは、「作家の時間」でクラスの子たち男女3人が作ってくれました。それを、10分割して、各グループでイラスト・翻訳することに!

Scannable の文書  H29 03 13 8 53 11

 

ペドロ君は、オイラの友人キャロラインの生徒。「作家の時間(イタリアの学校ではライターズ・ワークショップと呼ばれているそうな)」で作ったペドロくんの「恐竜の話」を、以前、オイラは英語の時間にクラスで読み聞かせをしました。

ペドロ君は、当時幼稚園。4年生にもわかりやすい英語で、子供たちにとってはびっくりな生きた英語にふれる体験でした。そして、お礼に、ふせんフィードバック。もちろん、日本語じゃ通じないので、一文を英語に翻訳して。

さらにお礼として、ぼくたちの作家の時間の作品を翻訳しようプロジェクトが生まれました。結局、ずっとひきずりながら学期をまたいでようやく完成。

今回で2回目の翻訳活動だったけど、これがなかなかてこづりましたな。コンピュータルームでweblio翻訳を使ったんだけど、これがまだ子供たちには使いづらい!英語の先生、じゅんこ先生の協力なお助けをもらいながら、なんとか、進められました。まだ、ひとりじゃ無理でしたな。

子供たちの翻訳活動、やってみて色々わかってきたこと。日本語には主語がない!だから、英語に訳しにくい!さらに、一文が長いので、翻訳がちんぷんかんになってしまう!

日本語特有の文化と翻訳エンジンの機能の限界を、ていねいにじゅんこ先生にサポートしてもらいながら、ようやく完成!あざっす。

まぁ、完成した絵本を読み聞かせをしてみたら、単語で分かれていないので、すげえ読みにくくて、子供たちから怒られる苦笑。しつこく、英単語は分けて書きましょう!っていったのに…。まぁ、最初はそういうもんでしょうな。じゅんこ先生が子供たちといっしょに、品詞ごとに色塗りをしてくれたおかげで、読みやすくなりました。あざっす。

そんなこんなで、翻訳作業に2回かかり、ようやく完成!うれしいねぇ。絵本の装丁で、画用紙のくりもまたいい。

ここ数年、英語活動の時間に願うこと。

それは、英語が自分の生活や人生に、子供たちが身近に感じる文脈があること。オイラたち日本人は島国。英語を学んでもなかなか使う場面がない!?でもね、英語の楽しさって、違う人と文化と交流するパスポートみたいなもの。学期に1回のAETだけでは、ちょっとものたりないんだよ。

子供たちにとって、学んでいるアルファベットやあいさつ、いくつかのセンテンスが、じつは、外国人がふつーに使っている!っていう事実を肌で感じてほしい。そこの「実感」が欠けてしまい、バランスが欠けているかと思う。

どうして英語を学ぶのか、その学ぶ意味を見つけてほしい。子供たちに学びの地図がみえていることって、やる気がでるじゃありませんか。それこそ、オーセンティックな学びなんじゃない?

このことは、折に触れ、じゅんこ先生とは何度も話をしてきたからこそ、できた取り組みだったよね。

 

さて、すでにペドロ君は小1(向こうの学校は9月で変わるからね)。PDFにしてメールを送ってみたところ、喜んでくれている様子。フィードバックは動画でもらえそう。これなら、時差も関係ない。

こうやって、毎年1冊ずつ、英語の絵本をつくっていく活動をつづけていきたいな。自分の作品の行き先に、海外があるって感じるている子供たちは、いいぞいいぞ。

今、いる教室は、世界とつながっているんだよ。ほんと。

news
comment
log
category
all

全ての記事を表示する

search
link
このブログをリンクに追加する